仮想通貨禁止の中国でビットコインのみで生活するドキュメンタリーが反響を集める

仮想通貨が厳しく禁止されている中国で、とある女性が21日間、0.21BTC(約15万円)だけで生活するという挑戦が中国のドキュメンタリー番組で行われている。

これは1日あたり約65ドル(約7300円)使える計算になり、本来、食費の安い中国では本来十分すぎる資金とも言える。

しかし、チャレンジ初日の北京では、ビットコインでの支払いができたのはレンタル自転車のみで、そのほかは露店などでも支払いを断られることとなり、食事は野生の果実で済ませたり、睡眠は24時間営業のマクドナルドでとるといった困難に見舞われた。

彼女の挑戦は、WeChatで次第に支持を集め、彼女の代わりにサポーターたちが生活に必要なものやホテルの部屋をビットコイン建で用意してくれたり、ビットコインでの支払いに対応してくれる店を探して情報を提供してくれたりと、6日目の深センまでに3000人のサポーターが集まっていた。

彼女の挑戦は間も無く終わりを迎えるところまで来ている。

今回出会った人のほとんどがこの企画やビットコインそのものに懐疑的であった一方で、ビットコインという話題がインターネット上のコミュニティでは強い力を発揮し、なおかつこのコミュニティの人々が仲間を喜んで助けていたことは嬉しい発見であったようだ。

参考記事:WOMAN ACCEPTS 21-DAY BITCOIN SURVIVAL CHALLENGE IN POST-BAN CHINA

▶️本日の速報をチェック

CoinPostのおすすめ記事

技術分析家「イーサリアムは5年でビットコインを超える」根拠は分散型台帳活用例の拡大
Thomas Crown Art社Ian McLeod氏は、ビットコインのマーケットシェア半分をイーサリアムが5年以内に奪うと主張する。
米経済学者「2年後に過去最大級の金融危機」その時、仮想通貨は買いか?売りか?
米経済学者は、「このままだと2020年に、リーマンショックよりも深刻な世界的金融危機が起こる」と警鐘を鳴らしている。10年前と異なり、金融セクターの大企業が仮想通貨などの新資産クラスへのコミットに関心を寄せている現在、仮想通貨市場への資金流入は加速するのか。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加