CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の市場整備に遅れをとるイギリスが、2年以内に世界のリーダーになれる可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イギリスに求められる仮想通貨規制
現在のイギリスの仮想通貨市場は「未開拓」とも呼べる現状にあり、これを規制すべきだと、水曜日、同国の議員らが委員会の場で発言した。イギリス政府は仮想通貨の取引等について注意喚起は行っているものの、具体的な規制にはこれまで取り組んでおらず、国内から批判を集めている。
イギリスはブロックチェーン・仮想通貨市場のリーダーになれるか
今月16日には、2020年までにイギリスがブロックチェーンと仮想通貨の市場で世界を牽引して行くことになる可能性があるという調査報告書が発表された。しかし、ブロックチェーン技術の採用推進に関しても政府の対応は鈍く、この新技術への取り組みを急かす声が上がっている。

イギリスに求められる仮想通貨規制

現在のイギリスの仮想通貨市場は「未開拓」ともよべる現状にあり、消費者保護の不完全さ、ハッキングへの脆弱性、振れ幅の大きく不安定な価格などの問題を抱えているため、これを規制すべきだと、水曜日、同国の議員らが発言しました。

今回の財務省特別委員会によれば、イギリス政府の仮想通貨市場への対応は曖昧で持続不可能なもので、消費者を保護し、マネーロンダリングのような違法な利用をさせないように対応する必要があるとのことです。

また、委員会は、今後の規制にあたりイギリスが既存金融市場に引き続き仮想通貨市場でも世界の中心となる可能性はあるとしつつ、多大なリスクを犯してでも成長を促す価値がこの市場にあるのか見極めが必要だとしました。

仮想通貨は決済にも使え、オンラインの取引所で取引ができ、その利用はどんどん拡大して来ました。

イギリスの金融の規制を担当する金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨を含む詐欺への注意喚起等を行っていますが、包括的なルールの設定がなされていないとして議員からは批判を集めています。

同委員会の委員長を務めるNicky Morgan氏は以下のように述べました。

政府や規制機関は、弱々しい警告を投資家に向けて発するばかりで、実際に行動には移していない。

また、同委員会で提出された報告書では、仮想通貨取引所やICOに関して定めた法律を制定することが、仮想通貨市場の規制への一番の近道であると記されていました。

イギリスはブロックチェーン・仮想通貨市場のリーダーになれるか

イギリスの仮想通貨自主規制団体CryptoUKの代表であるIqbal Gandham氏は、以下のように述べます。

イギリスを世界の仮想通貨市場のリーダーとするための同国市場の成長と、安全性の確保の両面でほど良いバランスを保った規制を政府は導入すべきだ。

事実、今月16日には2020年までにイギリスがブロックチェーンと仮想通貨の市場で世界を牽引して行くことになる可能性があるという調査報告が発表されています。

特にブロックチェーンに関しては、イギリスは昨年から現在にかけ、ブロックチェーン関連の企業に約5億ポンド(約738億円)以上の投資を行って来ました。

この最新の調査報告書によれば、ブロックチェーン技術はまだ黎明期にあり、今後イギリスがこの業界を牽引して行く可能性はあるとのことです。

また、オックスフォード大学の教授らがブロックチェーン専門の大学の設立に取り組んでいたり、イギリス国立公文書館がブロックチェーン技術の採用にのりだすなど、新技術採用への意欲は高いようです。

一方で、政府のブロックチェーン技術採用への対応は鈍く、同国大臣から、この業界を権威する存在となるべく政府はブロックチェーン技術に注目すべきだとするレポートも提出されていました。

仮想通貨に話を戻すと、現在では未だ仮想通貨市場への具体的な規制を実施している地域は少ない状況です。

そうした中で日本や韓国、中国は具体的な規制を始めています。

日本は昨年、国レベルで仮想通貨取引所を監査する、世界初の国となりました。

また、中国や韓国では仮想通貨に対して、厳しい取り締まりがなされています。

これらと対照的なのが西欧諸国で、アメリカでは証券取引委員会が、仮想通貨が有価証券や既存の法の規制下にあたるものかを検討していますが、具体的な処置には出ていません。

EUも、仮想通貨市場の小ささゆえに規制を避けて来ていましたが、EU単位でも統一されたルールを定めるべきだというレポートも報告されています。

CoinPostの関連記事

リップル社:イギリスの規制当局に「より適切なルール整備」を要求
仮想通貨の規制問題に取り組むリップル社の「Ryan Zagone」氏は、イギリスの規制当局に対し、他国に先駆けている「日本の規制方針」を参考にしたルール整備の必要性を訴求。適切な規制は、”ガードレールのようなもの”と表現しました、
欧州連合で新しい仮想通貨規制の動き:ICO基準設定と欧州共通ルールの設立へ
欧州議会で、ICOに対する新たな規制の基準設定を模索する動きが確認された。影響力の大きい国々のリーダーに対し、ヨーロッパ共通の仮想通貨に対するルールを採用するよう呼びかけるとされている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア