【速報】世界証券最大手取引所NYSEのBakkt:ビットコインの現物受渡し先物取引のペアを紹介

世界最大の証券取引所NYSEの親会社ICEが今年の11月に開設する予定の仮想通貨取引所Bakktは、公式ツイッターにて、独自のビットコイン先物契約について紹介。

初のビットコイン現物基軸先物契約は、USD、EURとGBPで取引される。

例えば、USD/BTCのペアの場合は、顧客口座へ1日のみでビットコインを受渡しするという。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由
「新仮想通貨プラットフォームBakktが予定するサービス内容が既存スキームと異なる点として、”ビットコイン現物”に裏付けられたBTC先物取引があり、実際の資金が仮想通貨市場に流入する」等と言及した。
米国外でもビットコイン先物提供へ|仮想通貨市場に影響を及ぼす「Bakkt3大テーマ」が明らかに
米国ニューヨーク取引所の親会社ICEが運営する新たな仮想通貨取引所「Bakkt」のCEOは、その主務について解説した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加