韓国最大手サムソン電子、仮想通貨マイニング企業SquireとASICチップ製造で提携を発表

サムソン電子がカナダの仮想通貨採掘企業SquireとASICチップ製造で提携
サムソン電子とGaonchipsがカナダの仮想通貨採掘企業SquireとASICチップ製造で提携した。SquireのASICチップは今後、設計をGaonchipsが、製造をサムソン電子が受け持つことになる。仮想通貨採掘用ASICでは長くBitmainと台湾TSMCの牙城が続いてきた。今回の提携により切り崩しがなるか注目される。

カナダの仮想通貨採掘企業Squireがこのたび、韓国最大の半導体メーカー、サムソン電子とASICチップの製造で契約を締結しました。

Squireは先の8月に最新の採掘機器開発のために19万5千ドル(約2197.3万円)を調達していました。

今回の提携により、Squireは採掘用の新型ASICチップに関し韓国企業2社と提携、設計はGaonchipsが、製造はサムソン電子が担う形となります。

ASICを使った仮想通貨採掘の「世界的巨人」Bitmainの対抗勢力となる可能性が出てきました。

Squireの発表内容

Squireは同社のプレスリリースにおいて、

「先の2018年8月1日、当社はBTC、BCH等の仮想通貨の採掘を行う次世代ASICチップのバックエンド(最終段階)設計/試験/初期量産の実施に関し、独立系の設計製作企業との間で提携を行ったことを発表した。そして今回改めて、設計をGaonchipsと、製造をサムソン電子と、それぞれ協業して行うことを公表する」

と発表しています。

「Squire-サムソン」連合軍が「Bitmain-TSMC」の牙城を切り崩すか

長年にわたりビットコイン採掘産業はBitmainと世界最大の独立系専業半導体ファウンダリ、台湾セミコンダクター(TSMC)のほぼ完全な支配下にありました。

Bitmainの最新動向

BitMEXリサーチの最近のレポートによると、BitmainはAntminer s9を含むASIC製品の販売に際し、「低価格」「低利幅」の路線を打ち出しています。そこには、損失を覚悟してでも競争力を維持したい同社の狙いがあります。

BitMEXリサーチのレポートは、

「これらの低い価格設定から、価格競争と資本力勝負に持ち込むことで競合の競争力を削ぎ落としていこうとするBitmainの入念な戦略が見て取れる。当社では、BitmainのIPOを決定付けた要因の1つに、この低価格路線があると見ている」

と分析します。

2014年以降、Bitmainには仮想通貨採掘市場で正面から対抗する競合が現れませんでした。

結果、同社が利益をコントロールし、競合他社を市場から追い出すことが可能な状況が続いてきました

今回の提携の意義

今回のSquireとサムソン電子の連携により、このBitmainの牙城が切り崩される可能性が出てきました。

サムソン電子が、Squireのチップ要件を満たすために大きな生産能力と豊富なリソースをつぎ込めるとしたら、大きな武器になります。

Squireは、Gaonchipsが設計した半導体ウェーハプロセス技術が一連の基準を満たしさえすれば、サムソン電子はすぐにでもASICチップの製造を開始する予定だとして、

「現在当社では、フロントエンド(前工程)設計チームのエンジニアとプログラマが一体となってGaonchips社と協業態勢をとり、同社としては初となるBTC、BCH等の仮想通貨の採掘を行うASICチップの開発に努めている。そこで用いられるウェーハプロセス技術が仕様と基準に適合すれば、いよいよサムソン電子によるASICチップ大量生産に向けた試験稼動の基礎段階が整ったことになる」

と述べています。

仮想通貨産業への積極関与を図りたいサムソン

韓国では、通信のSKテレコムのほか、生命保険の教保、新韓銀行、ITのカカオといった各業界1千億円を超える規模の企業が、様々な方法で仮想通貨産業に関わりを持つようになっています。

例えば仮想通貨取引所への出資やブロックチェーン・プロジェクトへの参画がそれです。

これらは既存インフラとデジタル資産の統合という形をとって今まさに進められています。

その中にあって、今回のSquireとサムソン電子の提携は、韓国の大資本である同社が戦略的かつ積極的に暗号通貨産業に進出し、同産業をグローバルに支配する勢力に対抗する姿勢を象徴的に表したものと言えるでしょう。

なお、今回の発表はカナダ証券取引所(CSE)によるものであり、サムソン電子は正式発表を行っていません。

参考記事1: Squire Announces Samsung Electronics as Foundry Partner to Manufacture ASIC Chips

参考記事2: Samsung to Manufacture ASIC Chips for Canadian Bitcoin Mining Firm

CoinPostの関連記事

マイニングマシン大手INNOSILICON社とSamsung電子が都内にて共同製品発表会を開催
7月13日(金)、帝国ホテルにて世界におけるマイニングマシン累計販売実績20万台のINNOSILICON社と、韓国半導体大手Samsung社による共同製品発表会が開催されます。
サムスンが第1四半期の営業益が過去最高を更新|ASICチップの大量生産が後押しか
サムスンは26日、第1四半期の決算を発表し、営業利益は15.64兆ウォン(約1兆5800億円)を計上して過去最高益となりました。好調の背景には、同社がASICチップの生産事業を拡げた事も大きく影響しているでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加