CoinPostで今最も読まれています

米連邦地方裁判所が米国証券先物取引委員会(CFTC)に仮想通貨の管轄権を認める判決

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米連邦地方裁判所が米国証券先物取引委員会(CFTC)に仮想通貨の管轄権を認める判決
My Big Coinを巡る詐欺的投資勧誘事件を米国証券先物取引委員会(CFTC)が訴えていた裁判で、連邦地方裁が提訴を受理、CFTCに仮想通貨の管轄権を認めた。未だ書面答弁段階で最終判決ではないが、今後の推移が注目される。一方、専門家からは今回の判決には論理的飛躍があるとして疑問視する見方も出ている。

マイ・ビッグ・コイン・ペイInc.(MBCPI)の詐欺的投資勧誘事件を巡る裁判の中で、連邦裁判所判事が現地時間26日、仮想通貨が商品の定義に合致すること、従って米国デリバティブ規制当局の管轄となることを認め、米国証券先物取引委員会(CFTC)の提訴を受理しました。

今回の判決により、CFTCには引き続き、仮想通貨関連の詐欺事件に関する規制権限が認められることになります。規制権限を巡っては、これまで複数の異なる当局機関に落とし込まれてきた経緯があります。

裁判の経緯

CFTCは今年1月、仮想通貨を称するMy Big Coinを詐欺的手法で顧客に販売し600万ドル(約6.8億円)を得たとして、MBCPIと同社の創始者ランデール・クレーター氏を提訴していました。

提訴の中でCFTCは、MBCPIとクレーター被告を、ビットコインのような響きを持つMy Big Coinという商品名を持たせ、さらに金との交換を保証するかのような説明を行うことで、28人の顧客から600万ドルを不正に集めたと訴えました。

これに対し、クレーター被告の弁護士はCFTCの提訴の棄却を求めてきました。すなわち、CFTCにはMy Big Coinを規制する権限がないとの主張です。

その理由として、My Big Coinは先物取引の対象となるような有形財でもサービスでもないことを挙げています。先物取引はCFTCの代表的な管轄対象です。

今回の判決

ボストン連邦地方裁判所のRya Zobel裁判官は26日、My Big Coinは商品取引所法(CEA: Commodity Exchange Act)の定める商品の定義に該当すると述べました。

理由として、同法が特定の商品種類やブランドではなく、より広いカテゴリーで商品定義を行っていることを挙げます。

Zobel裁判官は、My Big Coinもビットコインも、仮想通貨というカテゴリーに大別することが可能であり、かつ、ビットコイン先物取引は米国の複数の取引所で行われているとします。

この延長上で見た場合、CFTCにはMy Big Coinを含む仮想通貨全般の監督権限があるというのが同裁判官の主旨です。

Zobel裁判官は、提訴を受理する判決の中で、

「My Big Coinが商品取引所法の『商品』に該当するという原告の主張は、現在が書面答弁段階にあることを考えれば、十分に要件を満たすものといえる」

と述べました。

今回の提訴は法曹界の注目を集めていました。提訴の棄却を求めるMBCPI/クレーター被告側を支持する立場からは、仮想通貨に対するCFTCの管轄権が凍結される可能性も考えられたからです。

しかし、Zobel裁判官はCFTCの提訴を受理しました。

実際にCFTCが管轄権を持つかどうかが裁判で確定するのはまだ先の話ですが、確定に向けて前進したとは言えるでしょう。

疑問視する専門家の声も

クレーターの弁護人を務めるキャサリン・クーパー弁護士は、

「今回の結果は残念だ。但し今回、提訴棄却を求める段階を過ぎたからには、今後は事実に基づく議論を訴状や裁判で展開していきたい。中でもCFTCの権限、特にビットコインとMy Big Coinとの関連性、およびそれに伴うCFTCの管轄権については、正面から争うつもりだ」

と述べました。

論理に飛躍?

一方、今回の判決を疑問視する専門家もいます。

その1人が仮想通貨に詳しいワシントンDCのジェイク・ケビンスキー弁護士です。

同弁護士は今回の判決について、「総論」および1~9の各論に整理して、ツイッターで意見を表明しています。

CoinPost編集部では、このうち、総論と、連邦最高裁判所の論理の飛躍を指摘する各論1~4を整理しました。

  • 《総論》連邦地方裁判所は、「全ての」仮想通貨は商品であり、CFTCには仮想通貨に関する詐欺的行為と市場操作を訴追する権限がある、とする。 私見では、今回の判決には不備が目立つように思う。
  • 《各論1》まず事件の要点として、被告は実際には金兌換性のないMy Big Coinなる自称仮想通貨を顧客に販売した。その際に、恣意的な価格設定を行い、巨額の利益を不当に得た。
  • 《各論2》これに対しCFTCは、被告が商品取引所法(CEA)に定める反詐欺的行為および反市場操作の条項に反したとして提訴した。一方、被告は、My Big Coinは商品ではないため、CFTCの管轄は及ばないとして、提訴の棄却を求めた。
  • 《各論3》連邦地方裁判所は、My Big Coinが商品であるか否かを判断する必要がある。判決によれば、CEAの定める商品とは、先物契約の対象となる農作物(小麦、大豆、家畜など)およびその他の商品とサービスである。
  • 《各論4》今回の判決は、各論3を踏まえて、ビットコインを先物契約の対象となる「その他の商品」に含まれるとした。また、これによりCFTCの管轄権が及ぶとする。
  • 以上の整理を行った上で、ケビンスキー弁護士は、

    「My Big Coinとビットコインには、仮想通貨として共通する特徴が多々見られ」「ビットコインが商品である以上My Big Coinも商品であり」「よってCFTCの管轄が及ぶ」

    とする連邦地方裁判所の論理展開にはさすがに無理があると述べています。

    参考記事: U.S. Judge Sides With CFTC on Virtual Currency Oversight

    CoinPostの関連記事

    CFTC主席が、CFTCの規制対象は仮想通貨現物市場ではないと明確な立場を示す
    CFTC主席を務めるGiancarlo氏:同規制局の主要権限として、仮想通貨取引や現物市場に対する規制でなく、先物市場での詐欺行為やコンプライアンスこそがミッションであると、CFTCの立場を明確にした。
    米トランプ政権、仮想通貨詐欺が対象に含まれる大統領令を発令|Bloombergが報道
    日本時間木曜日、司法省の委員会で、マネーロンダリングや年配者を狙った投資スキームのようなよく見られる犯罪手法に加え、仮想通貨も今回のタスクフォースの重点として消費者に対する犯罪行為を排除すると発表したことをBloombergが報じ、明らかになりました。
    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    15:36
    オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
    Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
    14:00
    TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
    ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
    13:03
    FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
    大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
    12:52
    担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
    仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
    12:05
    BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
    FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
    11:22
    米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
    米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
    10:30
    ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
    ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
    09:30
    米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
    米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
    08:45
    Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
    ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
    08:15
    OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
    NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
    07:40
    コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
    仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
    07:20
    Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
    仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
    06:55
    30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
    中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
    11/29 火曜日
    16:27
    コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
    国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
    16:13
    「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
    高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2022/10/14 ~ 2022/12/31
    東京 東京都渋谷区宇田川町
    2022/12/06 13:30 ~ 15:00
    その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧