CoinPostで今最も読まれています

米最大手電話会社AT&Tがブロックチェーン・ソリューションを発表、サプライチェーンや医療向けに業務プロセス最適化を図る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

AT&Tがブロックチェーン・ソリューションを発表
アメリカ最大手の電話会社AT&TがIBMおよびMicrosoftの2社のテクノロジーとそれぞれ連携して機能するブロックチェーン・ソリューションを発表した。具体的な連携テクノロジーにIBM Blockchain PlatformとMicrosoft Azure、産業分野には医療/小売/医療、そしてサプライチェーンと商品/情報の来歴管理が挙げられている。AT&Tはソリューション提供により、複雑な業務プロセスの自動化/電子化/情報管理と追跡と、それらによるリソース削減効果をユーザー企業にもたらしたいとする。

アメリカ最大手の電話会社の1つであるAT&TがIBMおよびMicrosoftの2社のテクノロジーとそれぞれ連携して機能するブロックチェーン・ソリューション製品(以下、スイート)を発表しました。

今回のブロックチェーン・スイートは企業ユーザー向けに提供されるもので、複数の企業、そして複数の産業分野に渡って複雑に行われる今日の業務プロセスに対し、「自動化」「電子化」「情報管理と追跡」およびそれらによる「リソース削減」を図ることが出来るとAT&Tは述べます。

今回の発表では、具体的なテクノロジーとして「IBM Blockchain」と「Microsoft Azure」が、また産業分野として「製造」「小売」「医療」、さらにそれらのサプライチェーン商品/情報の来歴管理が挙げられています。

AT&Tの狙いと提供価値

AT&Tは、ブロックチェーンの採用により究極的に目指すのは「業務の問題解決支援」だとします。

今日、企業は絶えず、コストの削減と業務プロセスの簡素化を追求しています。

その中にあって、ブロックチェーンは複数の企業や当事者の間に、適切な権限と高度なセキュリティを伴ったエコシステムを築くことが出来るというのがA&Tの基本的な考えです。

そのために、AT&Tは自社の最先端技術、具体的にはIoTソリューション企業の中枢に関わる監視機能をブロックチェーン技術と組み合わせます。

AT&Tは、同社のコンサルティング部門がブロックチェーン・ソリューションの設計/配備/管理を担当し、IBMとMicrosoftがそれぞれ以下のような技術的な強みを提供することにより、ブロックチェーンの価値をユーザー企業に提供します。

連携内容

AT&Tの発表によると、IBMおよびMicrosoftとの連携の概要は次の通りです。

IBM Blockchain Platform

IBMとの協業で、AT&Tのブロックチェーン・リューションの記録部分を担うのが、IBM Blockchain Platformです。

同プラットフォームは規模な生産ネットワークに対応する企業向けブロックチェーン環境です。

代表的な利用事例として、「サプライチェーン」「商品来歴管理」「ロジスティクス」が挙げられます。

そして、このセキュリティと説明責任(説明責任)部分を担うのが、AT&TのAsset Management Operations Center(資産管理運用センター)とIBMのMaximo Network on BlockchainおよびMaximo Asset Health Insightsです。

これらの技術的統合により、企業ユーザーのインフラ資産管理を行うサービス・プロバイダー・ネットワークの構築が可能になりました。

Microsoft Azure

Microsoftとの協業では、オープンで信頼性のある同社のクラウド・プラットフォーム上に構築されたMicrosoft Azureが、広範な企業向け台帳プロトコル(Ethereum、HyperLedger Fabric, Corda、Quorum、およびChain)を提供します。

その分散技術は開発/テスト/企業コンソーシアムといった用途に適応し、複雑なサプライチェーンにおいても透明性と説明能力が高められます。

産業分野

AT&Tはまた、今回のブロックチェーン・スイートの代表的な応用分野として「製造」「小売」「医療」を挙げています。

  • 製造: 製品の来歴を工場生産時に遡って記録/追跡することが可能です。数量管理も、生産から消費者への配送まで一貫して行うことが出来ます。
  • 小売: 商品の真正性を配送受注時にさかのぼって記録/追跡することが可能です。また、過剰在庫や廃棄の抑制にも効果を発揮します。
  • 医療: 患者の記録を、高度なセキュリティで守りながら常に最新の状態に維持します。
  • 今回の発表に関し、AT&TビジネスのAndy Daudelin アライアンス・ビジネス副本部長は、

    ブロックチェーンは、ビットコインや仮想通貨だけのものではない。多くの企業の事業のやり方を変えるものだ。とりわけ、複雑な業務プロセスにおけるセキュリティ強化トランザクション管理の改善に威力を発揮する。当社がそのグローバル・ネットワークとIoT技術を活用し、業務プロセスを一貫して自動追跡/環境条件を監視するといった最先端のソリューションを提供することにより、ブロックチェーンは一層その力を増すことになるだろう」

    と述べています。

    AT&Tのブロックチェーン・ソリューションの詳細は同社ウェブサイト(英語)で参照出来ます。

    参考記事: AT&T Announces Suite of Blockchain Solutions

    CoinPostの関連記事

    IBM:ブロックチェーンだけではなく仮想通貨事業にも本格参入か
    IBMのブロックチェーン開発の新リーダーであるJesse Lund氏は、IBMは仮想通貨のビジネスへの応用に関心を持っていると述べました。また同氏は、今年のあるタイミングで、中央銀行はデジタル法定通貨の発行に踏み切る、と予測しています。
    業界初、仮想通貨ALISとマイクロソフトが投げ銭API開発のための協業を開始
    国内最大規模の仮想通貨コミュニティを誇るALISと日本マイクロソフトが「投げ銭」API開発のための協業を開始。ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨やトークンによる「投げ銭」機能を実装、実社会に適応させていくことでトークンエコノミー時代の価値の移動をスムーズにしながら、国内ブロックチェーン業界の健全な普及に貢献していく。
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    12/05 火曜日
    19:46
    「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
    動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
    18:25
    ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
    ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
    16:27
    イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
    イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
    13:58
    「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
    米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
    12:15
    ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
    ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
    11:59
    仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
    ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
    10:45
    「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
    米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
    10:20
    Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
    Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
    08:30
    仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
    主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
    07:30
    「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
    カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
    07:02
    エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
    エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
    06:30
    コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
    米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
    06:00
    国際版バイナンス、銘柄新規上場
    仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
    05:30
    米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
    米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
    12/04 月曜日
    15:11
    グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
    米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア