ブロックチェーンによるトークンの多様化が可能にする投資のリスク回避

「複数仮想通貨への投資分散」だけではポートフォリオとは言い難い
ビットコインの価格が下落するだけで、ほぼ全てのアルトコインの価格が下落するため。
仮想通貨投資家は資産を多様化することでリスク回避できる
同じ分野に資産投資するのではなく、資産を多様化させることで損失を最小限にできる。
ブロックチェーンによって様々なモノのトークン化が可能に
自動車、土地、不動産などあらゆるものがトークン化され、投資家は容易に投資できるようになる。

ご存知の通り仮想通貨市場は不安定です。昨年から投資をしていた人は、価格の高騰や暴落の波を経験したはずです。

ビットコインの最後の高騰では5000ドルを記録し、その後約20%価値が落ち4200ドルをマークしました。この変動をみれば市場がどれだけ不安定かお気付きになるでしょう。似たように中国政府が発表したICO関連のニュースによるアルトコインの急落は決して珍しくはありません。

一般的に、仮想通貨の投資家はこの不安定さには慣れています。しかしながら、彼らの大抵は激しい変動による影響を受けない、より良い仮想通貨資産の運用方法を求めています。全ての投資ポートフォリオを考慮すると、不安定さを防止する最善の方法は”多様化”にあります。

しかし難点は、仮想通貨内での多様化は大きな価値変動に対しては効果的な防止策とはならない点です。なぜなら、ほとんどのアルトコインはビットコインの変動に沿っているため、他のコインへの多様化の効果は薄れてしまうからです。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

多様化の選択肢

ポートフォリオを多様化する最適な方法は投資家達が保有しているものとは完全に異なる資産へ多様化することです。例として、株式のポートフォリオを持つ投資家は株式市場が崩壊する場合の対策として貴金属を購入しておいたほうがよいでしょう。株式市場が復活したころ、貴金属の価値は上昇し、結果として最終的な損失は最小限に抑えられます。

仮想通貨の投資家らはこれに似たように、仮想通貨の変動による損失をさけるために、芸術品や土地などの現実世界に存在する資産を利用し多様化することによって回避したほうがよいでしょう。この多様化を可能にさせる選択肢が複数存在します。

トークン化される経済によって

ブロックチェーン技術そのものが多様化の方法の一つでもあります。なぜなら、分散型台帳技術を持つブロックチェーンは、資産所有者と利用者を直接繋げることが可能であるからです。ブロックチェーン技術によってトークン化されるモノ(CoinPost注:例えば現物資産は、仮想の「所有権・権利証明物」へ代替される)は新しい資産投資先となり、また投資方法となっていくでしょう。

実在する資産のトークン化は単純に資産の固有価値の一部をトークンによって売却させることを意味します。実はトークン化のコンセプトはブロックチェーン技術が生まれる前から存在し、それは企業の株式所有と実質的に同じ意味を持ちます。考え方は高価な資産の部分所有権を投資家に与えることです。

しかしながら、ブロックチェーン技術ではトークン化された資産を第三者の介入無しに売買することが可能なので、大きな手数料の負担がなくなります。これにより仮想通貨所有者は従来の通貨に替えることなく、仮想通貨を実在の資産に多様化することができるのです。

LATokenやATANTなどの企業はこのような多様化を可能にさせるため、トークン化された経済が主流になることを願っています。

世界をトークン化する

ブロックチェーン技術の長所はずばり自動車、船、株、芸術品、土地などありとあらゆるものをトークン化できることです。Orebitsなどの企業は貴金属までもトークン化させようと試みています。要するにトークン化することやそれをブロックチェーンプラットフォーム内で販売し、投資家がリスク回避する選択肢を広げることに制限はありません。

一例では、大型ショッピングモールを所有する一人の投資家はブロックチェーンを使い資産をトークン化し、そのトークンを他の投資家にモールの“株”として販売することができるのです。販売者はモールの最大限の価値をトークンで受け取り、購入者はブロックチェーンを通し土地を所有し、場所や投資額に関係なく、投資家を受け入れることができるのです。

従来の不動産投資のような資産投資では、莫大な資本金、世界的な繋がり、または高い手数料、移動費、ブローカー費が必要でした。しかしトークン市場ではその費用はすべて免除され、仮想通貨を多様化する選択肢が与えられます。ブロックチェーン運用企業ATLANTA CEOであるJulian Svirsky氏は、

『…中国にいる投資家はフランスにあるモールの一部を現地に行くことや現地の繋がりなしに投資をすることができるのです。よって不動産投資は小規模の投資家にも開放され、短期間の保有に関心のある投資家を受け入れ、さらには国境や取引コストを削減し、煩雑な手続きが必要な不動産事業を取り除くことができるのです。』
と述べます。

多様化によるリスク回避

投資家たちは既に所有する仮想通貨のリスク回避方法を模索中です。今までにない価値の高騰に加え、以前は低かったポートフォリオが極度に価値のあるものに変わった今、仮想通貨投資家たちは現実世界の資産の多様化を求めています。それも海外出張や従来の株の投資の費用を抜きにして。

ビットコイン専門家であり、Adamant Research編集者でもあるTuur Demeester氏は自身のツイッターで下記のようにツイートしています。

『ビットコインを売るべきか否かはまだ様子を見る必要がある。しかし、多様化の必要性は確かであるでしょう。ブロックチェーン技術は従来の通貨に両替することなく、シンプルに資産をトークン化によって多様化することを可能にさせるのです。』

Hedging Your Bets: New Diversification Models for Crypto Investors

SEP 06, 2017,Jon Buck

原文はこちらから

CoinPostによる考察

仮想通貨投資家は価値の変動が激しいため、集中して資産を投資していると損失が大きくなる可能性があります。

そこで資産を多様化させることで少なからずそのリスクを回避できるようになります。将来的に、現実世界にある様々のモノがブロックチェーン技術によってトークン化されるようになり、不動産や自動車の価値をトークンとして保有できるようになるため、資産を多様化でき、気軽に投資や売買ができるようになるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加