CoinPostで今最も読まれています

1.2兆ドルを取り扱うTD Ameritradeが出資、仮想通貨の環境を変える取引所が誕生か|Cboeも支援

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ErisXの発表
新興仮想通貨取引所ErisXが、アメリカで有名なTD AmeritradeやCBOEを始めとする複数企業からの投資を受けたことを明らかにした。ErisXは、2019年に仮想通貨現物取引や、現物受渡し仮想通貨先物取引の提供開始を予定している。
Bakktとの競合性
このErisXは、今月8月に発表されたICEやマイクロソフト、スターバックスなどが主体となって設立される仮想通貨取引所Bakktと直接的な競合になると考えられている。

新興仮想通貨取引所ErisXにTD Ameritradeが出資

アメリカで多大な人気を誇るブローカー企業TD Ameritradeが新興仮想通貨取引所ErisXに出資を行なったことが明らかになった。

また、この一環として、ErisXは、その取引プラットフォームに仮想通貨現物取引だけでなく、最終的には、ビットコイン、ビットコイン・キャッシュ、イーサリアム、ライトコインなどの主要デジタル資産の現物受け渡し先物取引を追加すると発表を行った。

2010年に設立されたErisXは、指定契約市場(Designed Contract Market)として機能してきましたが、今回の発表によって仮想通貨市場への参入が明らかなった。

また、そのCEOには以前Citiグループにて国際定量部門の責任者を務めていたThomas Chippas氏(以下、Chippas氏)が就任している。

TD Ameritradeは、1975年に設立されたアメリカの証券小売売買を牽引する企業であり、現時点で1,100万もの顧客口座を持ち、1.2兆ドル(約114兆円)もの資産を取り扱っており、同社はCBOEやCMEが提供するビットコイン先物へのアクセスも可能にしている。

TD Ameritradeの取引教育部門のバイスプレジデントを務めるSteve Quirk氏は、今回の出資の目的を以下のように主張している。

「私たちの一般(投資家)顧客は、認可された正当で透明性のある取引所を通じて、既存の資産市場と同じように、デジタル通貨商品を取引したいと考えている。 一般顧客が容易にデジタル通貨商品にアクセスできる環境を作成することが大きな目的であり、それこそが今回私たちがErisXに投資した理由だ。」

ErisXのCEOを務めるChippas氏は、以下のように言及した。

「TD Ameritradeは、革新的で、先見の明を持つ企業だ。私たちは、安全で透明性のあるErisXのデジタル資産取引所において、このような企業と共同で取り組み、彼らの顧客にサービスを提供できることを芳しく思っている。」

そして、ErisXを支援する最も有名な企業がTD Ameritradeだとされているが、その他にも、世界有数のデリバティブ取引所CBOEや、大手トレード会社のVirtu Financial、Susquehanna International Group、ベンチャーキャピタルのDRW、Digital Currency Group、Nex Opportunities、CMT Digitalなどウォール街の名だたる企業も含む多くの企業がErisXの戦略パートナーとして名を連ねている。

広報担当のJessica Darmoni氏は、ErisXが2017年に既にアメリカ商品先物取引委員会(CFTC)とともに、デリバティブ清算機関(DCO)に書類を提出しており、2019年初頭までには、承認が降りると言及していた。さらに、現物取引は2019年第2四半期、先物取引の開始は2019年6月を予定しているとされている。

Bakktとの競合性

8月3日に、ニューヨーク証券取引所(NYSE)を子会社に持つIntercontinental Exchange(ICE)や、スターバックス、マイクロソフト、ボストンコンサルティンググループなどが主体となって、仮想通貨取引所Bakktを開設することを発表し、話題になっている。

Bakktも、今回のErisXと同様、仮想通貨の現物受け渡し先物の提供を目処に入れていることから、両社が直接的な競合になるとされており、その関係者は、海外メディアThe Blockに対し、以下のように言及している。

「このErisXは、Bakktの最大の競合であると言えるだろう」

このように、BakktやErisXといった有名な複数企業に支援され、メインストリームもターゲットにした仮想通貨サービスが普及し、特に現物受渡し先物の提供も開始されることは、仮想通貨市場全体にとって極めてポジティブな前進であると言えるだろう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧