CoinPostで今最も読まれています

ビットコインのブロックサイズを「ハードフォークなしで拡大」する提案を発表|3584倍の処理能力向上の可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン:スケーラビリティ問題解決へ
ブロックチェーンスタートアップ「Blockstream」の共同設立者であり、ビットコインコアの開発者Mark Friedenbach氏は、東京で行われたカンファレンスにて、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策を提示した。開発者らなどからは賛否両論が巻き起こっており、大変注目を集めている

スケーラビリティ問題解決へ

ビットコインの抱える問題にスケーラビリティ問題が挙げられる。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロック生成におけるトランザクションが混雑することで、送金の遅延が発生したり、取引手数料が高騰することを指す。

ビットコインのプロトコルをどのように変更するかということは長年の大きな課題の一つであり、ビットコインのような巨大な分散システムにおいて合意形成することは極めて難しいとされている。

先日この問題に対して、一つの解決策となりうるアイデアが発表された。

ブロックチェーンスタートアップ「Blockstream」の共同設立者であり、ビットコインコアの開発者Mark Friedenbach氏は、東京で開催されたカンファレンス「Scaling Bitcoin workshop」にて、その画期的な提案をした。

その提案は「Forward Blocks」と題され、内容としては主要なオンチェーンのキャパシティを、ソフトフォークによるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の変更により処理能力向上させ、またブロックサイズの拡大の可能性もあるというものである。

その中の一つには、主要仮想通貨の一つイーサリアムでは、送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つとしてSharding(シャーディング)を利用しているようだ。シャーディングとはデータベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで、これによりイーサリアムは処理能力の大幅向上を図っている。

同氏はこのシャーディングと呼ばれる技術を用いることにより、トランザクションの処理容量が現在の3584倍にまで向上し、センサーシップ・レジスタンスも改善されると主張している。

センサーシップ・レジスタンスとは、直訳すると「検閲耐性」となり、いかに過去の取引記録などのデータ改ざんが行われにくいかという耐性の度合いを表す言葉。

以前にGavin Andresen氏やMike Hearn氏はブロックサイズの容量拡大(SegWit2x)を提案したものの、ブロックサイズを1MBのまま変更すべきでないとするメンバーと対峙、結果としてビットコインにはブロックサイズの拡大を行うハードフォークは実行されなかった経緯がある。

ブロックサイズ拡大のビッグブロック派を推すコミュニティも誕生したことで、ビットコインキャッシュが誕生するなるなど、ビットコインのブロックサイズの問題は極めて重要な論点であると言える。

(なお、ビットコインキャッシュは、このトランザクション処理の観点に力を入れており、度々のアップデートを発表している。)

それゆえ今回提案をした同氏は、ハードフォークを適用せず、どのように大きな変更を容易に実行するか、その方法を模索し続けていた。

同氏は以下のように述べている。

「Forward Blocks」にとって今までの議論を無意味なものだ。もしソフトフォークで解決しようと決めたのなら、ビットコインのスケール拡大にハードフォークは必要ではない。SegWitのようにソフトフォークでも達成可能なはずだ。

Segwitは「スケーラビリティ問題」、「トランザクション展性」の2つの問題を解決するために生まれた技術で、詳細は以前のコインポストの記事をご参照ください。

この提案に対してBlockstreamのCEO、Adam Back氏は「実用化されるかは別として、新たな仕組みを発見することは有益だ。極めてシンプルなものだが、興味深い。」と評し、ビットコインコア開発者Karl-Johan Alm氏は、実用化するかは不明瞭なものの「技術的突破口だ。」としている。

批判的な意見も

一方で批判的な意見も出ている。その意見の一つにビットコインのような分散型ネットワークに大規模な変更を加えることが厳しいというものがある。

Shinobimonkey氏は「アップグレードという名のネットワーク攻撃だ。」と発言。Twitterでも今回のカンファレンスについて痛烈に批判している。

今回の提案に対して賛否両論はあるものの、この提案がきっかけとなりスケーラビリティ問題にはより関心が高まっている。

これがスケーラビリティ問題解決への突破口となるのか、その動向には要注目です。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧