仮想通貨投資で下落市場を生き抜くための3つのアドバイス

現在、仮想通貨を投資を行なっているのはその半数以上が18歳〜34歳という構造になっており、伝統的な金融商品に慣れ親しんでいない世代が多くなってきている。

こうした若く新しい仮想通貨市場の新世代プレイヤーに向けて、今のこの下落市場を生き抜くアドバイスを簡単に3つ紹介する。

まず大事なのはトレンドをリサーチし、鍵となる指標を理解することだ。

若い新世代たちは投資判断の際にソーシャルメディアや他人の意見に頼る傾向があるが、こうした判断基準やあるいは感情的な意思決定は投資には万全とは言えないため、冷静にリサーチを行なって事実に基づく判断をできるようになるべきだろう。

次に、通貨の銘柄と保有期間に関して様々な組み合わせで保有しておくことも重要だ。

通貨の銘柄の分散は言うまでもなく、この下落市場においては短期・長期のいずれでも対応ができる必要がある。

最後のアドバイスは市場の急な変動に備えておくべきだということだ。

どんなに理想的なポートフォリオを描いたとしても仮想通貨市場は急に変動する可能性が常にある。

そのため、負債を抱えて投資をしないことや、市場の大幅な下落に巻き込まれた際は苦しくても何もしないことなどは重要になってくる。

参考記事:3 Tips For Millennials Navigating The Crypto Bear Market

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引プラットフォームAbraが、主要10通貨に一律投資可能なインデックス商品の提供開始 最低5ドルから投資可能に
仮想通貨ウォレットAbraが、新たに10の仮想通貨銘柄を含むインデックス商品のローンチを発表した。一般投資家でもスマホから簡単に投資を可能にする商品が続々と提供を開始して始めており、主要アルトコインへの資金流入にいい変化が見られる。
仮想通貨の将来性、個人より機関投資家が強気との調査結果|底値と今後の価格推移の見解も明らかに
米投資リサーチ会社Fundstratが、機関投資家とTwitter上の個人投資家に意識調査を行った結果、機関投資家はビットコインを強く支持、すでに底値をうったとの見方も強い、強気な調査結果となった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加