ハーバード、MITなどの大学基金が新たに仮想通貨投資に参入|機関投資家参入につながるか

名門大学が仮想通貨市場に投資へ
10月10日に、新たにハーバード大学、MIT大学など5つの名門校の大学基金が仮想通貨ファンドに投資を行っていることが判明した。先週5日、同様な発表をしたイェール大学と合わせ、アメリカの名門大学6校が仮想通貨に特化した投資ファンドに参入してきたこととなった。
大学基金(エンダウメント)とは
その大学の卒業生などによって寄付された資金を株式や、債券、コモディティなどで運用し、その資金を、大学施設の整備、奨学金を始めとする学生支援や企業、社会との連携などに活用するためのもの。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

名門大学が仮想通貨市場に与える影響

10月10日に、海外メディアThe Informationにて、ハーバード大学、スタンフォード大学、MIT、ダートマス大学、ノースカロライナ大学などの世界最高峰の大学の大学基金(Endowment)が、少なくとも一つ以上の仮想通貨ファンドに投資を行なっていることが明らかになった。

これら5つの名門大学は、既に仮想通貨ファンドや現物仮想通貨、仮想通貨関連企業の株式取得などに、数百万ドル(数億円)単位で投資を行なっているとされている。

日本でも、慶應義塾大学や東京大学がそれぞれ数百億円規模の大学基金を運用しているが、その規模はアメリカの有名大学の足元にも及んでいない。

例として、アメリカで最大規模の大学基金を運用するハーバード大学やイェール大学はそれぞれ2兆円以上の資金を運用している。

また先週金曜日(5日)には、世界最大級の大学基金を誇るイェール大学も仮想通貨関連に投資を行っていることを明らかにした。

同基金は、2つの有名仮想通貨ファンドに投資している。

イェール大学基金はCoinbaseの共同創設者Fred Ehrsam氏やSequoia CapitalのパートナーMatt Huang氏、Pantera Capitalの元社員Charles Noyes氏によって創業された4億円規模の仮想通貨関連ファンドParadigm社や、過去に大きな実績を残しているベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz社の300億円規模の仮想通貨特化ファンドに投資を行ったとされている。

結果的にアメリカ最大の2つの大学基金が仮想通貨分野に投資を行ったということになる。

アメリカの名門6大学が実際にどの程度の資金を仮想通貨分野に投じているのかは、定かではないが、世界最高峰の大学基金の数々が仮想通貨市場に参入してきている事実は、仮想通貨市場にとって非常に良い傾向であると言えるだろう。

The InformationのジャーナリストJon Victor氏もその影響の大きさを以下のように示唆した。

大学基金の仮想通貨への直接的な投資の兆候は、この資産クラス(仮想通貨)への投資家心理に大きな影響を与えた。これは、ここ数十年に渡って、投資家がテック企業への投資を許容してきたのと同様の過程である。

このように、未だ多くの機関投資家が、リスクが高いと考えている仮想通貨に、注目を浴びている大手投資機関が投資を始めたことで、その資産の正当性を証明するのではないか。

そして、次なる仮想通貨市場の強気相場を形成する為に重要視されているのが機関投資家の資金流入である。

仮想通貨取引所AbraのCEO Bill Barhydt氏は、人々が仮想通貨に関心を寄せている一方で、先陣を切って投資することには恐怖心を抱いていると言及した。

さらに、仮想通貨ヘッジファンドBlockTower Capitalの最高投資責任者(CIO)および、シカゴ大学基金の前ポートフォリオマネージャーのAri Paul氏は、4月にイェール大学などの有名大学基金が仮想通貨に参入することで、「ファミリーオフィスなども、イェール大学が参入してきたのであれば、投資開始の良い口実になる」と主張し、機関投資家資金の流入を示唆していた。

このように、世界的に有名な大学基金が仮想通貨業界に参入してきた影響で、その他の大学基金を始めとする機関投資家からの資金流入も見込めるのではないかと期待されている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加