米Coinbase昨年末から出来高80%減少、ETH建はBinanceで顕著な減少|Diar最新仮想通貨レポート

データ分析:Coinbaseは2018年1月以来取引高が80%減少
Diar社の調査結果で、大手仮想通貨取引所Coinbaseは2017年12月以来、80%の取引高減少を記録した事が判明、2018年1月から続いている下落相場の影響が浮き彫りとなった。

Coinbaseは80%の取引高減少を記録

米国有力紙ブルームバーグの報道 では、フィンテックベンチャーTribe Capitalの市場データは、大手仮想通貨取引所Coinbaseは、今年9月の時点で、昨年12月比、取引高は80%減少し、下落相場に最も影響を受けた取引所の一つであると明かした様だ。

この結論は、大手リサーチ企業Diarの最新調査による結果と一致している。

Diarが10月8日に新たな調査報告書を発表、「18年Q3:Coinbaseの取引高は年間最低値;イーサ建てはBinanceで暴落」とハイライトしている。

まずは、Coinbaseの四半期における取引高データ

出典:Diar

この図が示すように、Coinbaseが取り扱っている5通貨による全体取引量は17年第4四半期に比べ、18年第3四半期は約80%激減し、中でも、LTC(ライトコイン)の取引高は120億ドルから10億ドルと、なんと91%も下落したと判明した。

崩れないCoinbaseの強気な姿勢

弱気な仮想通貨市場と取引高の減少とは裏腹に、Coinbase社は最近様々な好ファンダを出しており、米国における仮想通貨業界をリードするように積極的に業務を推進している。

最近の例として挙げられるのは、同社がさらに大手企業になるために、ニューヨークにオフィスを設置し、ウォール街のベテランを積極的に採用していること、機関投資家が仮想通貨投資に触れやすくなるために独自のカストディサービスを提供し始めたことだ。

他にも先月末には現在5種類しか扱っていない仮想通貨銘柄を今後さらに増やしていく方針を明らかにした。

取り扱い通貨は顧客の在住国とその国の規制により変わるものの、以前から取り扱い銘柄の増加が期待されていた為、下落相場の中で朗報となった。

大手仮想通貨取引所Coinbase、各国規制に応じてアルトコインの取り扱いを急拡大する方針を発表
米国の仮想通貨取引所Coinbaseが9月24日に新規上場ポリシーを刷新。これまでの申請方法からオンラインの申請方式に切り替えることで、取扱通貨の種類を急速に拡大したい狙いだ。

また大手投資企業Tiger Globalから5億ドルの投資を確保し、Coinbaseが80億ドルの時価総額を誇る大型企業となる可能性は同社の野心と自信を示唆していると思われる。

他にもAxiosの報道によれば、下落相場でなかったら、Coinbaseの時価総額はそれより高くなっていると報道している。

ETH建ても打撃は厳重

なお、Diarによると、下図のように、世界最大の取引所Binanceでは、ETH(イーサ)建ての取引高は362億ドルから41億ドルとこちらも88%の減少を記録していたことが明らかになった。

出典:Diar

この激減の要因の一つは、ETHの右肩下がりの相場にあると考えられる。

時価総額2位のアルトコイン、イーサリアムは9月中旬に底値を記録。14ヶ月ぶり(昨年の7月以来)に一時2万円台を切るなど、苦しい状況が続いている。

仮想通貨界隈ではHODLというワードがあるほど、仮想通貨を忍耐強く保有する文化が定着しているが、この仮想通貨特有の習慣が裏目に出ている感じが否めなさそうだ。

CoinPostの関連記事

ドバイ:ブロックチェーンベースの決済手段を市民に提供する初の都市を目指す
ドバイの住民は現在、品物や各種代金、学費などをデジタル通貨で支払うことができる。ブロックチェーン基盤の支払いプラットフォームであるPundi XやロイヤリティプログラムのEbooc Fintech & Loyalty Labsは、ドバイの信用組合と提携している。
仮想通貨イーサリアム(ETH)、ICOによる売り圧力の終わり間近か|BitMEXの報告書
大手取引所BitMEXの最新研究報告書は、ICOプロジェクトによるETHの売却や保有データを解析。 「ICOプロジェクトはすでに当時調達したUSドル分のETHを売却した」との分析結果を公開した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加