大手企業SONY(ソニー):ブロックチェーンベースのデジタル著作権管理システムを発表

ソニーが商業的展開を目指す新しいブロックチェーンベースのデジタル著作権管理システムを開発した。

ソニーの発表によれば、現在デジタル著作権の管理は各機関やクリエイター個人の努力によってかなり改善されてきているが、同社が開発した今回のシステムによりこれをさらに効率的にしていけるという。

このシステムでは、参加者は著作物の作成日時や作者の詳細を確認・シェアすることができる。

特に教育コンテンツがユースケースの最たる例になると同社は述べており、今後このサービスの商用化を目指すという。

ソニーは昨年、世界でもトップクラスの数のブロックチェーンに関する特許申請を行なっていたことでも知られている。

参考記事:Sony Builds Digital Rights Management System on a Blockchain

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】SONYが、米国でマイニングハードウェアの特許申請か
技術業界最大手のSONYによる、2つのブロックチェーン関連特許申請が米国特許商標事務所のホームページに掲載されていると判明。今回の申請は、ブロックチェーン技術よりもハードウェアへよりフォーカスしていると見られる。
Sonyがブロックチェーンを教育データに活用
Sonyが教育分野でのブロックチェーン利用を始動しました。教育の分野でのプロックチェーン管理が加速するでしょう。アプリケーションの乗り物への応用によりブロックチェーン技術を用いた車間通信システムが実現しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加