仮想通貨イーサリアムのショート激減、底打ちを示唆:Genesis Global Trading調査

イーサリアム価格、現在が底値か
仮想通貨ディーラーの中でも最も長い歴史を持つGenesis Global Tradingによれば、イーサリアムのショート投資が2018年第3四半期において大きく減少している。こうした状況から、イーサリアムは底値に達しているとの見方がある。
Genesisによる仮想通貨貸付
Genesis Global Tradingは、今年3月に仮想通貨の貸付を開始しており、すでにヘッジファンドや金融ファームを含めた機関に対し、5億ドル以上の仮想通貨を貸し付けたとしている。

イーサリアム価格、現在が底値か

仮想通貨ディーラーの中でも最も長い歴史を持つGenesis Global Tradingによれば、イーサリアムのショート投資が2018年第3四半期において大きく減少している。

過去4ヵ月間、リップル、ビットコインキャッシュ、EOSやその他仮想通貨と同様に、イーサリアムも続落、主要サポートラインを割り込む事態に陥っていた。

しかし、現在の高い市場安定性を踏まえると、ビットコインとイーサリアムは底値を記録しているという意見もある。

イーサリアム価格は3月に最高値を記録してから80%もの下落となっており、多くのヘッジファンドやトレーダーが一斉にイーサリアムのショートに賭けていた。

Genesisによる仮想通貨貸付

ビットコイン貸付けサービスでその名を広めた「Genesis Global Trading」は、今年3月に仮想通貨の貸付を開始しており、すでにヘッジファンドや金融ファームを含めた機関に対し、5億ドル以上の仮想通貨を貸し付けたとしている。

仮想通貨貸付サービスとは、その名の通り、顧客に仮想通貨を貸付け、利子で利益を出すビジネスのことで、BTC、ETH、BCHなどをショートするために借用することもある。

開始当時の3月時点で、1億3000万ドル相当の仮想通貨をビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどで貸し付けたという。

Genesisが貸し出す仮想通貨の大半は、貸付業の需要の高さから、他の機関から借り入れたものとなっている。

いくつかの最大の貸付は、ヘッジファンドへのイーサリアムの貸付が占めており、これらは基本的に「イーサリアムの価格下落を見込んでの借入」となっていたとGenesisは述べた。

しかし、イーサリアム価格が日本円で20,000円を割り込むなど年初来安値を大幅更新した今年9月には、イーサリアムの貸付は全体のわずか4%にまで低下、現在は大半がビットコインでの貸付となっている。

これは、金融機関によるイーサリアムショートの関心急低下を示唆しており、「イーサリアムが底値である」という予測を補強するものとなっている。

同社CEOによれば、貸し付けた仮想通貨のほとんどは、昨年12月に始まったデリバティブ市場でのヘッジに利用されている。

Genesisは自身の借り入れに5〜7%の利子が課せられており、自社からの貸付に対しては10〜11%の利子を課している。

同社は一定の時期ごとにレポートを公開するようにするつもりだという。

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム(ETH)、ICOによる売り圧力の終わり間近か|BitMEXの報告書
大手取引所BitMEXの最新研究報告書は、ICOプロジェクトによるETHの売却や保有データを解析。 「ICOプロジェクトはすでに当時調達したUSドル分のETHを売却した」との分析結果を公開した。
年内開始予定ETH先物は、イーサリアムよりビットコイン価格にいい影響を与える|投資アナリストの見解
Fundstrat Global Advisorsの市場アナリストであるLee氏は、イーサリアム先物取引の開始が、イーサリアムの価格に悪影響を与えることも考慮すべきであるとした一方で、ビットコイン価格には好影響を与える可能性があると主張した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加