51%攻撃を行った悪質マイナー、今年で約21億円相当の利益を上げる

Group-IBが発表した新しい報告書によると、悪質マイナーは、Proof-of-Work(POW)コンセンサスアルゴリズムを使用した小規模仮想通貨に対し、51%を攻撃を仕掛け、総額1950万ドル(約21億円)相当の利益を上げていることが判明した。

今年の5月には、51%攻撃がビットコインゴールド(BTG)に対して行われ、約20億円分ものBTGが盗まれてしまった。

また同時期、仮想通貨のVerge(XVG)も、4月と5月の2回にわたって攻撃を受け、総額2億円相当の被害を受けていた。

現在もProof-of-Work(PoW)とStake of Stake(PoS)のメリット、デメリットの議論が続いている。

参考記事:Cryptocurrency Miners Have Raked in $19.5 Million From 51% Attacks This Year Report

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Verge(XVG)が再び51%攻撃を受ける|数時間で2億円相当の持ち逃げ被害
Verge(ヴァージ)が今年の4月以来の2度目の51%攻撃を受け、アタッカーは時価約2億円相当のXVGを不正に獲得しました。以前の攻撃から2ヶ月足らずの攻撃でVerge(ヴァージ)デベロッパーの対応が不十分だったと言わざるを得ません。
BitcoinGoldへの被害総額は約20億円に|相次ぐ51%攻撃で主要仮想通貨が再評価か
ビットコインゴールドの広報責任者であるEdward Iska氏は、仮想通貨取引所から仮想通貨を盗難することを目的とした51%攻撃が行われたことを明らかにしました。攻撃者は、取引所から1860万ドル(約20億円)相当のBTGを盗み取ることに成功しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら