仮想通貨やビットコインを襲う「海外仕手グループ」に関する調査文書が公開|その手口や損益分岐点とは

仕手行為の研究論文
米フロリダ大学の准教授ら3人の研究者によって発表された「仮想通貨のパンプ・アンド・ダンプスキーム」という論文で、仮想通貨市場での仕手行為、手口や損益分岐点について詳細に発表し、いかに仕手グループ側のメリットと一般投資家側の危険さに差ががあるか述べられている。
規制当局の仕手行為規制
SEC(証券取引委員会)やCFTC(米商品先物取引委員会)はP&Dに対する警告を発表しており、価格操作を防ぐことで仮想通貨市場へ好影響を与えることができるという研究結果が明らかに。

仕手グループの手口とは

株式市場では違法行為であり、厳格に規制されている「仕手」だが、規制環境が整っていない仮想通貨市場では、先日、海外の取引所自体が仕手行為を告知するなど、市場の健全化を阻害する行為が、まかり通っているといった感が拭えない。

海外仮想通貨取引所が、自ら価格を上昇させる「仕手行為」を告知|時間は11日夜
仮想通貨取引所Yobitは日本時間10日深夜、無作為で選択された10の仮想通貨銘柄に総額10BTC分の仕手を組み、客足を誘うとの異常とも言える計画を公表した。

そのような状況に一石を投じる研究論文が、米フロリダ大学の准教授ら3人の研究者によって発表された。

仮想通貨のパンプ・アンド・ダンプスキーム(”Cryptocurrency Pump-and-Dump Schemes” )と題された論文では、仮想通貨市場における500のケースを集め、調査分析することによって、この価格操縦行為の仕組みを解明し、仕手筋の手口や損益分岐点について詳細に述べるとともに、規制の有効性を実証するケースを取り上げ、仮想通貨取引所と規制当局にとって、有益な事例を示している。

研究者グループによると、仮想通貨市場におけるパンプ・アンド・ダンプ(以下P&Dと表記)の仕手筋は、Telegramなどのソーシャルメディア上で、グループを組織し、参加者を引き付けるような広告をうち、リアルタイムでその計画「決行日、時間、取引所」を公開する。

P&Dは実況され、ターゲットとなる取引トークンが、決行時間と同時に明かされる。

しかし、最新の暗号化技術により、仕手筋の身元は明かされることがない。

74,000人以上のフォロワーを有し、世界最大規模の仕手グループとされる『Big Pump Signal』の「Nexus」トークンP&D例

P&D前後のNexusの価格と取引量

P&Dは、ターゲットにしたトークンの価格と取引量に、短期集中的に、劇的な影響を与えるケースが大半を占めるが、論文ではその調査分析結果を次のように集約している。

  • P&Dの開始後、初めの70秒間で、価格は平均25%上昇し、取引高は148倍に膨らみ、さらに10秒平均の絶対利益は15%に達する。
  • P&Dの開始から70秒後に状況の反転が開始され、 1時間後には、最初の効果の大部分が消失する。
  • P&D開始の5分前から、異常に高い取引量ととも平均5%のターゲットトークンの価格上昇が見られる。
  • P&Dグループは、一般の告知よりも早く、情報を提供されるプレミアム会員制を取るものもあるが、その利益率は、18%にも達するとの計算結果が出ている。これはP&Dによる最高利益率に迫る数字である。
  • インサイダーではない投資家が利益を得るためには、P&D告知から、10~20秒後に、トークンを購入し、1分以内に売却しなくてはならない。告知から1分後に購入した場合ほぼ必ず投資金額を失うことになる。

最高利益が得られる時間分布(秒)

これらの分析結果を見ると、P&Dで少しでも利益を得るためには、いつ告知を受けるかのタイミングに大きく依存しており、仕手筋とインサイダーは、極端に大きい利益をあげる可能性があるのに対し、一般投資家は、仕手筋から、故意に遅れたタイミングで告知を受ける可能性も否定できず、非常に不利な条件のもとで売買を行わなくてはならないことになる。

また、市場の流動性や取引の迅速な対応が確保されるのかも、取引時の状況に左右される。

つまり、一般投資家がP&Dに参加することは、何の利益ももたらさないことは火を見るより明らかである。

 

規制当局などの動き

アメリカの規制当局である、SEC(証券取引委員会)やCFTC(米商品先物取引委員会)も、重ねてP&Dに対する警告を発表している。

特にCFTCは、ソーシャルメディアにおける、P&Dグループが流布する虚偽の情報に注意を喚起する様、勧告している。

一方、この論文では、投資家保護の観点から、このような価格操縦行為は是認できるものではないとした上で、それ以外に、P&Dを阻止すべき確固とした理由を探すべく、大手の米仮想通貨取引所Bittrexがとった、P&D禁止措置の例を分析し、その有効性を実証している。

2017年11月当時、世界3位の取引量を誇っていたBitttrexは、同24日に、その顧客に対し、価格操作行為に対する警告を発表した。

これはBusiness Insider紙によるソーシャルメディアTelegramに展開され、Bittrexのプラットフォームで行われた価格操作の報道を受けてのことであった。

BittrexのP&D禁止措置発表を受け、一部の仕手筋は、P&D計画を中止するなどの対応をし、結果的に、Bittrexは、全てのP&D行為を阻止することはできなかったものの、その数は劇的に減少することとなった。

Telegram上のP&Dキャンセルの告知

BittrexのP&D禁止措置の影響:禁止措置5ヶ月前から8ヶ月後までの変化

さらに、Bittrexと類似した条件を持つ市場で、トークンの価格と取引量を比較すると、P&D禁止措置後のBittrexでは、トークンの価格と取引量がともに上昇したという結果が得られことから、P&Dは仮想通貨市場の健全性に有害であるという強力な証拠だ、と研究者は主張している。

仮想通貨の健全な発展のために、各国の規制当局による規制の整備が待たれる一方で、このBittrexの事例からは、P&Dを大幅に減少させることは技術的にも可能であり、また、一取引所が価格操作を阻止することで、他の取引所との差別化をはかりつつ、仮想通貨市場へ好影響を与えることができるということを示唆している、と論文では結論づけている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら