ERC20トークン:イーサリアム時価総額の60%に達する

強さを見せるERC20
様々な要因が重なりERC20トークンがイーサリアムの時価総額の60%に達した。現在ETHの価格は低迷しているが数ヶ月後にはハードフォークを控える。これがきっかけとなり価格回復の可能性も考えられる。

ERC20とは

ERCは「Ethereum Request for Comments」の略で、イーサリアムのブロックチェーン上で仮想通貨トークンの発行などを実施する際に採用される統一規格のこと。

ERC20

ERC20は最もよく知られている規格で、発行されているICOトークンのほぼ全てがこの規格。

このERC20の利点として、アプリケーションやスマートコントラクト上においてトークン同士を交換できることが挙げられる。この互換性のことを「Fungible」といい、「代替可能」という意味になる。

主なERC20に準拠したトークンは以下のようなものが挙げられる。

トークン名 プロジェクト理由
バイナンスコイン(BNB) イーサリアムベースのトークンで、これを利用することにより取引所バイナンスの利用者は手数料の割引を受けることができる。ブロックチェーン資産のための分散型取引所開発が目標。
Vechain(VEN) 流通や製品管理、輸送手段の効率化などにも使用することができるトラストレスで分散化されたプラットフォームの開発が目標。
OmiseGo(OMG) 「OmiseGOネットワーク」を通じて、1対1のやり取りに対応した、国や金融機関をまたぎ低コストでリアルタイムに決済のできるプラットフォームで、使いやすいデジタルウォレットの開発などを目標としている。

弱気市場にも強さを見せるERC20

イーサリアムは数あるブロックチェーン・プラットフォームの中でも、最も人気を誇るプラットフォームの一つである。

これを利用することにより、独自のトークンを発行しICOやプロジェクトを立ち上げることが可能になる。

それに加え、開発者はイーサリアム上でスマートコントラクトを動作させることができる。

去年ERC20トークンの数は増加し、ここ数ヶ月ではイーサリアムの時価総額と比べ、ERC20トークンの価値は上昇傾向にある

現在ETHは約200ドルの値で取引され、時価総額は200億ドルとなっている。

ここ2ヶ月間で仮想通貨の価格は22%下げているが、その一方でERC20トークンはETHよりも好調だ。

これら要因が重なり、結果としてERC20トークンがイーサリアムの時価総額の60%に達している

資金調達するためETHを売りに出しているICOも複数存在し、先月には13万ETHが売却されている。

執筆時点ではERC20の最高価格は、仮想通貨取引所バイナンスで利用されているバイナンスコイン(BNB)となっている。

それに続いてVeChain(VEN)、OmiseGo(OMG)、Maker(MKR)となっている。

TRUSTNODESは、ETHが過小評価されているのか、トークンが過大評価されているのかは不透明なものの、ETHはBTCに比べ価格が下がっていることが見て取れると報道している。

今年の始まりと比較すると、価格はBTCに比べ70%以上下げているが、数ヶ月後にブロックチェーン・ネットワークのスケーラビリティ問題解決に向けたハードフォーク「コンスタンチノープル」が実施される予定で、うまくいけばETH価格が回復する可能性も考えられる。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン基軸のERC20トークン『WBTC』が来年1月に登場
WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインに裏付けられたERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。BTCの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋と注目される。
リップル社のxRapid採用企業Mercury FXが、メキシコや中国への国際決済の実証テストを発表
世界各国にオフィスを持ち国際決済サービスを手掛け、xRapid採用企業のMercury FXが、米リップル社と共同で、中国やメキシコへの国際決済の実証テストを行うことを発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加