CoinPostで今最も読まれています

【速報】仮想通貨取引所コインチェックで新規口座開設再開|ビットコイン価格も急反応

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所コインチェックで新規口座開設再開
10月30日より、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」の新規口座開設を再開することが発表された。国内仮想通貨市場における久々の明るいニュースであり、待望の好材料と言えるだろう。

仮想通貨取引所コインチェックで新規口座開設再開

10月30日より、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」の新規口座開設を再開することが発表された。

2018年1月26日に巨額のハッキング事件が発生してから早9ヶ月。業務改善命令を受けて、事実上、大半のサービスを停止していた。

4月にはマネックスグループがコインチェックを傘下に収めるなど、経営再建に全力を尽くしていた経緯がある。

2018年1月末に発生したコインチェックハッキング事件などが影響し、金融庁による審査、及び正式な交換業者の認可登録を後回しにせざるを得ない状況で、登録の可否が注目されていたコインチェックが、マネックスグループ傘下の新体制として、新たに新規口座開設という形で動きだしたことは、停滞していた日本市場を活気立たせる大きな材料として見られた可能性は高い。

出来高およびボラティリティの低下でビットコインへの関心は低下する一方であり、仮想通貨市場の価格も中長期的に低迷していた中、国内仮想通貨市場における久々の明るいニュースであり、待望の好材料と言えるだろう。

なお、今回の新規口座開設再開や一部通貨の売買再開を行うなど、前向きな動きが確認されたものの、金融庁の仮想通貨交換業者登録については明言されていない点には注意が必要だ。

マーケットの反応は

コインチェックの「新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開」を受け、日本取引所bitbankやbitFlyerのBTC/JPY価格が先行して、急反応を見せた。

出典:bitbank

特に、業務改善命令やZaifのハッキング事件以降は自粛ムードが続いていたことで、2017年から隆盛を極めた国内三大取引所「コインチェック、bitFlyer、Zaif」が、「新規受付を停止」をしていた状況に変化が見られた点が重要であり、市場に新しい資金が入って来ない(流動性低下が改善されない)喫緊の課題の解決へ、大きな一歩になったと言えるだろう。

また、直近では、仮想通貨交換業者で構成される自主規制団体が、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)第87条に基づき、認定資金決済事業者協会として金融庁に認可されたことで、自主規制ルールが各社に適用され、協会による会員各社への処分も可能になるという大きな動きも見られている。

自主規制団体認可やみなし業者であるコインチェックの前向きな動きから、新規ライセンスに関する動きにも注目したい状況になったと言えるだろう。

コインチェックを買収したマネックスグループをはじめ、ヤフーや楽天など豊富な金融ノウハウを有する大手資本が経営する他取引所が満を持して業界に参入しており、一時的に停滞していた新規ライセンスに新たな企業が参入することで、日本の仮想通貨業界も盛り上がりを見せるかもしれない。

マネックス株

これに伴い、日本の仮想通貨市場再興の思惑が台頭したことで、株式市場でも大きく反応。

出典:SBI証券

マネックスグループ(8698)の株価が急騰し、+17%を超えた。

SBIやリミックスポイント、フィスコを始め、コインチェック再開時に、追加で買収対価を享受できる「アーンアウト条項」を持つセレス(3696)など関連銘柄も急伸しており、期待感から仮想通貨セクターへの資金再流入が著しい。

再開するアルトコイン

仮想通貨取引所コインチェックは、新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせは、以下の通り。

    2018年10月30日より再開するサービス

  • 新規口座開設
  • 一部仮想通貨の入金
  • 入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH
  • 一部仮想通貨の購入
  • 購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっておりません)

決算説明会で今後の展望に言及

マネックスグループの松本CEOは、昨日開催された決算説明会の場で、

『すでに万全は尽くして、あとは金融庁のGOサインを待つだけの状態。コインチェック再開に十分な手応えがあり、今後の展開も考えている』などと語っていた。

また、最近、金融庁で「仮想通貨交換業の登録審査について」との内容が公開されたが、マネックスグループとしては、仮想通貨取引所コインチェックに関する経営管理体制など継続的にバージョンアップしており、よりハードルの高い”新しいガイドライン”を踏まえてもしっかり対応出来ているはずだ。」と確信を覗かせている

CoinPostの関連記事

『コインチェック再開に十分な手応え』マネックス2Q決算説明会で語る、仮想通貨事業の将来性とは
本日20:00より開催されたマネックスのオンライン決算説明会にて、コインチェックの現状やビットコイン取引など仮想通貨事業の将来性について、松本CEOの発言要旨を詳しくまとめた。金融庁に認可された場合、広報活動を積極的にしていきたい等と言及した。

また、以前行ったCoinPostインタビューでも、仮想通貨コミュニティの期待に応えて行くべく様々な施策を検討していると抱負を述べている。

CoinPostの関連記事

マネックスグループ松本CEOインタビュー:仮想通貨コミュニティの期待に応えていく
国内最大手の仮想通貨取引所のコインチェックをグループに迎え入れた、マネックスグループの松本CEOに対し、「仮想通貨メディアCoinPost」としてインタビューを実施。仮想通貨に興味を持ったきっかけやグループの今後の展望について、今現在の心境を語っていただきました。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧