CoinPostで今最も読まれています

コインチェックの動きから一つの節目を迎える仮想通貨XEM|裏では相次ぐネム財団のパートナーシップ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ネム財団がGeensNPOと提携を締結
GeensNPOとネム財団が拡大するデジタルエコノミーへの安全なアクセスへ向けてパートナーシップを締結。
直近1ヶ月の動向まとめ
コインチェックの新規口座開設などで少し明るいニュースが出た時価総額17位の仮想通貨ネムだが、肝心のプロジェクト自体も大きな提携が相次いで今月発表された。10月にネム財団から発表された大きな動向をまとめた。

時価総額17位の仮想通貨ネムは今年1月26日に発覚したコインチェックのネム不正流出事件以降、価格が右肩下がりのチャートを続いていたが、仮想通貨取引所コインチェックが昨日、新規口座開設、一部アルトコインの取引を再開したことで、一つの節目を迎えたと言えるだろう。

そのような背景の中でも、ネットワークの本質的な価値を測る指標は価格だけではなくプロジェクト自体の使用事例としてネム関連の動きは活発であり、本記事では積極的に国際的な躍動を見せているネム財団の1ヶ月間の大きな動向をまとめた。

GeensNPOとネム財団がパートナーシップ

ネム財団は、ベルギーの非営利団体であるGeensNPOとのパートナーシップ締結したことを発表した。

Geensは、ネムの理念とアプローチに合致するようなプライバシー志向の信頼されたプラットフォームで、ブロックチェーンの利点と個人データの取り扱いへのユニークなアプローチをもって、Geensはネム上で素晴らしいプロジェクトを構築しようと試みている。

両社は拡大するデジタルエコノミーへの安全なアクセスを人々に与えることを目指し、協力に至った。

GeensNPOは、2014年より活動開始しており、プライバシーの保護に努めながら最先端のソリューションを構築し続ける可能性を提示している。

デジタルサービスのエコシステムであるGeensは、タクシーサービスは使用者の居場所を知る必要があるか、何がIoTに接続するかなど様々な選択への決定におけるサポートを担っている。

今回のコラボレーションでは、各パーティーは新たなオープンソースライブラリと開発中のW3C規格(DIDと検証可能請求)に基づいた自己主権型アイデンティティを経由したウェブAPIセットの認証において開発が行われる。

また、データの安全性と正当性の保守、常時のアクセス可能性、承認された利用のみにおける検閲などの保持が期待され、これは、次のステップを踏み出そうとするサービスプロバイダー、ビジネス、ユーザーらにとってwin-winなものとなる。

GeensNPO設立者・代表者Jaak Geens氏は以下のように述べている。

ブロックチェーンは皆の夢を一気に叶えるようなものではない。ただ、その技術は取引、証明、ID、決済に関しては素晴らしい。つまりは、信用を築きあげるものだ。Geensのエコシステムは、効率性とプライバシーの間の橋がけ、ひいてはユーザー所有かつ信頼された場を届けるに至る。非政府的、そして非企業的かつ非営利実体の倫理委員はインターネット上の個人に力を与える。また、信頼のおけるネムとのパートナーシップによりその橋がけはシームレスなものとなっていく。」

ネムのブロックチェーンプラットフォームは、スケールとスピードへのゼロからの取り組みに向けて設計、コードされており、プライベートなブロックチェーンは国際台帳(international ledger)への業界トップの取引評価に値する声も少なくない。

直近1ヶ月のネム財団

GeensIPOとの提携のほかにもネム財団には大きなニュースが今月相次いだ。

オーストラリアでブロックチェーンハブの発足

今月18日、ネムはオーストラリアのメルボルンにてブロックチェーンハブを設立した。

今月新しく開設したハブではネムの代表者らに直接会うことができ、ブロックチェーン技術と仮想通貨における大衆に対してサポートを行っている。

また、今後ブロックチェーンイベントや教育プログラムの開催も予定している

また重要な点は、彼らがネムベースのスタートアップのビジネスインキュベイター、サポートセンターとして活動していることである。

オーストラリアはネム財団への有望性をもっている。

そのプロジェクトは、ここ最近、TravelbyBitのようなスタートアップとのパートナーシップを通じたローカルサポートから利益を生み出した。

この新たな取り組みは、日本のブロックチェーンベースプラットフォーム”Mijin”によってピックアップされた時のように、ネムの価格にポジティブなインパクトを与えることが期待されている。

オーストラリアとニュージーランドで主要であるネム財団のJian Chan氏は以下のように発言している。

「メルボルンでのハブのローンチはそれぞれの国でのイノベーションをサポートするネムのコミットメントが明確な証拠である。」

ネム財団は既に、Stone $chalk、Blockchain Centre、LaunchVic、など、多くのオーストラリアのスタートアップとのコラボレーションをしている。

また、ネムは、さらなるパートナーシップをオーストラリア内で締結中であり、いくつかのネムベースのICOが近々計画されていることを公表している。

Portal Networkとのパートナーシップ

今月初旬、ネムは、Portal Networkとのパートナーシップ契約後に約17%の価格上昇を記録した。

このパートナーシップの目指すところは、ネムブロックチェーンのトップでオペレートされる分散型ドメイン名サービスのNem Name Service(NNS)の構築である。

Portal NetworkはBlockchain Name Service(BNS)のプロジェクト、プロトコルを提供する分散型プラットフォーム。

また、ユーザーの分散型ウェブサイト(dWeb)の構築、展開を可能とするプロダクトも所有している。

Potal Networkの創設者兼CEOのChristopher Shen氏はこのパートナーシップに期待を寄せ、以下のように述べている。

「我々は、NEMと共に仕事をすること、素晴らしいNEMコミュニティに分散型ドメインネームを持ち込めること嬉しく思っている。それは、NEN Name Service、ネムとの関わりにより、より成し遂げやすくなるだろう。」

アラブ首長国連邦でのパートナーシップ

また今月20日にはアラブ首長国連邦の地方自治開発省(MOCD)とネムチーム間の協力協定が締結された

この了解覚書(MoU)は、将来的に行われるブロックチェーンプロジェクトにおけるMOCDへの様々な顧問サービスを提供するもの。

アラブ首長国連邦は、2019年に達成が望まれる全デジタル化政策の一環としてのブロックチェーンの採用に前向きな姿勢を示している。

また財団のこれらの発表の他、仮想通貨ネムは、ネムと仮想通貨、法定通貨ペアの両方を提供するウクライナ拠点のKuna exchangeやBitpandaといったいくつかの取引所に上場もしている。

これらの要因から、コミュニティから今後のネムの価格上昇に期待が寄せられている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ネム(XEM)速報:マレーシアの副大臣が訪問、ウクライナの人気取引所へ上場
マレーシアの経済産業省の副大臣である Datuk Seri Shamsul Iskandar Md. Akin氏が、ネムブロックチェーンセンターを訪問したことが判明。さらにウクライナの人気取引所へ上場したことが明らかに。
ネム財団がUAEと協力協定を締結|地方コミュニティのニーズに対応
ネム財団は、アラブ首長国連邦(UAE)の地方自治開発省(MOCD)が地方コミュニティからのブロックチェーンに対する需要を満たすために、『協力協定』を締結し、顧問サービスを提供する。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧