マイニング難易度の低下は弱気市場終了の兆しか|ビットコインの底値打ちに相関性

出典:shutterstock

稀に見るビットコイン難易度の低下が示唆する価格動向の可能性
現在ビットコインマイニングの難易度が低下傾向にあり、これはビットコイン・ネットワークにおいては稀な動きだ。難易度とビットコインの底値打ちの相関性を探った。

極めて稀な「難易度低下期」が訪れる原因

バーチャル資産分析およびコンサルティングサービスを提供するElement Groupが、マイニング難易度の低下とビットコインの価格動向との相関関係を調査した結果、ビットコインの売り圧力や価格とともに難易度が低下した時、ベアマーケット(弱気市場)のサイクルが終盤にさしかかっている可能性が高いことを明らかにした。

Element Groupによると、現在マイニングの難易度は低下傾向にあるがこれは極めて稀な動きで、ビットコインのネットワークの歴史上13%しか起きたことがない。

同社のデータをみると、確かに2011年から現在にかけて難易度が易しくなった時期が数回あり、いずれも半減期や底値、プロトコル自体が攻撃を受けた時期とかぶる。2018年は2回難易度低下期が訪れており、現在の2016ブロックの難易度は3.65%下方修正されている。

出典:Element Group

歴史的サイクルから見受けられるのはマイニング難易度の減少は弱気市場の終盤で見られる傾向だ。

マイニング難易度の低下は2011年後半と2012にかけてみられ、これはビットコイン初のバブルがはじけた時の底値をついた時期と重なる。

また次に同様の傾向が見られたのが2015年で、この時も弱気相場の終盤を迎えていた時期だった。

これらの事例はマイニングの損益分岐点がビットコインのサポートラインとして働いているという定説を裏付けている。

なぜ難易度が下がるのか?

「マイナス要素が生じると、最も非効率的マイナーはネットワークから弾きだされる。その結果ハッシュレートは低下し、難易度も下がる」との見方をElement Groupは示している。

半減期や価格の下落は、効率の悪いマイナーにとっては利益を損なうマイナス要因だ。

これらのマイナーはマイニングを諦め、その結果ハッシュレートが低下する。ハッシュレートが低下すると、ブロックの生成に10分以上要するようになる。

2週間ごとに実施される難易度調整はブロックの生成が10分に1回になるよう調節されているが、過去2週間のブロックの生成時間が10分以上かかる場合は難度を下げ、10分以下なら難度を上げるという仕組みだ。

効率の良くないマイナーの市場撤退は半減期に伴うビットコインの価格上昇に大きく紐付いている。

一見すると生じるビットコインの希少性

半減期の後、マイナーがマイニングコストをカバーするための市場に売るビットコインの量が減少する。つまりマイナーが市場に売り出すビットコインの総数が減る為、売り圧が減少する。

半減期を生き延びるマイナーは効率性が高く法定通貨でのコストを低く抑えている事からビットコインを多く売らずに済む事から売り圧はさらに減少する。

つまり、ビットコインマイニングの効率性上昇が売られるビットコイン数の減少につながっているとElement Groupは指摘する。

新たなバブルが生まれる仕組みと可能性

この説の裏付は赤で記された過去のマイニング難易度の低下時期から見られる。

出典:Bitinfocharts.com

2018年、ハッシュレートは少なくとも500%という劇的な上昇を記録したが、現在は平準化している。それと同時に、ビットコインの価格は1.9万ドルから6000ドル前後に急落した。ハッシュレートが上昇し利益が減れば、競走が激化する。

元ウォールストリートのトレーダで、ファイナンシャルTV番組のホストを務めるマックス・カイザー氏は、「ビットコインの価格はハッシュレートと連動する」と繰り返し主張して来た。

マイニングの圧力の低下は価格の上昇につながれば、マイナー間でビットコインの売り渋りが生じる可能性が考えられる。そうなれば新たなバブルが生まれるのは時間の問題だ。

つまりマイニング難易度の上昇を監視することは、マイニングの損益分岐点にどれほど近づいているのかを示す重要な指標になる。

Blockchain.comのデータによると、ハッシュレートは8月27日午前1時Th/s 61866256を記録したが、10月24日午前1時にはTh/s 40347952まで落ち込み、11月3日午前0時現在はTh/s 57499332に回復している。

出典:Blockchain.com


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら