【速報】「仮想通貨/ダークウェブ」が2018年流行語大賞のノミネート候補に選出される

「仮想通貨/ダークウェブ」が2018年流行語大賞ノミネート30選の一つに

2018ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート30選が本日昼頃発表され、「仮想通貨/ダークウェブ」がノミネート候補の一つとして選出された。

ノミネートされた全ての用語は以下の通りだ。(順番は50音順)

  1. あおり運転
  2. 悪質タックル
  3. eスポーツ
  4. (大迫)半端ないって
  5. おっさんずラブ
  6. GAFA(ガーファ)
  7. 仮想通貨/ダークウェブ
  8. 金足農旋風
  9. カメ止め
  10. 君たちはどう生きるか
  11. 筋肉は裏切らない
  12. グレイヘア
  13. 計画運休
  14. 高プロ(高度プロフェッショナル制度)
  15. ご飯論法
  16. 災害級の暑さ
  17. 時短ハラスメント(ジタハラ
  18. 首相案件
  19. 翔タイム
  20. スーパーボランティア
  21. そだねー
  22. ダサかっこいい/U.S.A
  23. Tik Tok
  24. なおみ節
  25. 奈良判定
  26. ひょっこりはん
  27. ブラックアウト
  28. ボーっと生きてんじゃねーよ!
  29. #MeToo
  30. もぐもぐタイム

仮想通貨ビットコイン誕生と歴史の上で起きた事実としてダークウェブの存在は切っても切り離せない事実があり、ビットコインは初期にはダークウェブ上での取引に利用されていた。

しかし今回の仮想通貨とダークウェブの選出の背景には、1月26日に発覚したコインチェックのNEM不正流出事件の後に、約580億円相当のNEM(ネム)を盗んだ犯人が盗難した仮想通貨をダークウェブ上で売却していた経歴が考えられる。

参考記事:第35回新語・流行語大賞 2018年ノミネート語

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】仮想通貨取引所コインチェックで新規口座開設再開|ビットコイン価格も急反応
10月30日より、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」の新規口座開設を再開することが発表された。国内仮想通貨市場における久々の明るいニュースであり、待望の好材料と言えるだろう。
コインチェック記者会見まとめ:NEMの補償対応、凍結中の顧客資産を送金再開
コインチェックの記者会見内容の詳細や、コインチェック社から言及のあった売上高情報をまとめています。不正送金されたNEMを保有していた顧客に対する補償や、同社で凍結中の顧客資産(アルトコイン)についての一部サービス再開の目処について、3/12〜19日を目処に発表予定とのことです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加