複数の分析がビットコイン・仮想通貨市場の年末上昇を示唆|海外でクリスマス・ラリーへの期待感高まる

年末に期待される仮想通貨市場の価格上昇
eToroのシニアアナリストであるMati Greenspan氏が年末にかけて仮想通貨市場は「サンタクロース・ラリー」が見られると発言し、注目を集めている。テクニカル面も見ながら、年末の仮想通貨市場を展望した。

eToro分析家が年末の価格上昇を予想

ビットコイン価格は10ヶ月近く下降を続け、価格は昨年末の最高値の3分の1以下まで下落しているが年末の価格上昇を予期する分析家は少なくない。

その一人がeToroのシニアアナリストであるMati Greenspan氏で、彼は年末から新年に入る時期にかけて「サンタクロース・ラリー」が見られるとCCNに対して発言した。

普通の金融市場では年末にかけて民間セクターで動きが活発になることから株価は上がる傾向にある。

未だ早いかもしれないが今週の少ない上昇幅を見ると、仮想通貨市場でサンタクロース・ラリーが見られる可能性はかなり高い。

サンタクロースラリーの引き金となり得るとGreenspan氏が名指ししたのが11月15日に控えるビットコインキャッシュのハードフォークだ。

11月15日|ビットコインキャッシュのハードフォーク

ビットコインキャッシュは年に2度行われるハードフォークが行われる予定で、5月に決行されたハードフォークではブロック容量が8MBから32MBに変わったことが大きな変更点だったが、「チェーン・スプリット」は起きなかった。

しかし今回、Bitcoin ABCが掲げる実装アップデートとCraig Steven Wright氏を筆頭としたもう一つの案、Bitcoin SV(Satoshi’s Vision)が対立しており、チェーン分裂の可能性が市場で噂されている。

チェーン分裂による危機感は懸念点として残るものの、ファンダメンタル材料として投資家の頭には新たな通貨の付与が期待されている模様だ。

その結果として、ビットコインキャッシュは先週2日時点の価格から約45%近く上昇した。

ビットコインキャッシュ高騰の詳細はこちらから。

仮想通貨ビットコインキャッシュが6万円まで急騰|高騰要因のハードフォークはどうなる?
ビットコインキャッシュは11月15日に技術的なアップデートによるハードフォークを迎える。その際、ビットコインキャッシュのチェーンはアップデートの内容について対立している二つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるが、投資家の中には付与通貨を目的とした買いが殺到している。

カギは200日移動平均水準の突破

10月特に低かった仮想通貨のボラティリティだったが、Greenspan氏は横ばいな動きを続けているビットコインの突破要因となるのがBCHコミュニティ内部での意見の相違とは「皮肉である」と言及しながらも

何れにせよ、要因は何でもいいのだ。金融市場の上向きな勢いは元々のきっかけが何であれ、雪だるま式に拡大していく傾向がある。

またこのような強気な相場予想に必要となるのは強い抵抗線となっているビットコインの200日移動平均水準の突破だとGreenspan氏は述べた。

その他分析家の強気な予想

Greenspan氏の他にも年末相場の回復を見越す分析家が複数見られている。

テクニカル分析

Bloombergの報道では仮想通貨市場はビットコインの方向性指数が上昇に傾いている他、ボリンジャーバンドの上限も突破していることが確認された。

出典:Bloomberg

またその他にもBloomberg Galaxy Crypto Indexで約1ヶ月ぶりの上値の動きが確認されている。

年末のファンダメンタル材料

ビットコイン相場とアルトコインの上昇を期待視する声が多いが、実際に年末には多くの重要ファンダメンタル材料が待っている。

12月12日にはBakkt版のビットコイン先物取引が開始される。

また相場に大きく影響は与える可能性は少ないものの、SECが最有力視されているVanEck版のビットコインETFに関する決断を発表する期限日が12月29日となっている。

しかしこちらは再びSECが判断を延期することが大方の予想とされている。

残すところ2ヶ月を切った2018年。仮想通貨にとっては苦しい一年となったが、今後の転換はされるのか、引き続き市場の動きを監視していく必要がある。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインやリップルなど仮想通貨全体の取引高急上昇、主要アルト全面高でトレンド転換の兆候も
直近3日間で仮想通貨市場の取引高が大幅上昇、BCH(ビットコインキャッシュ)を皮切りに主要アルトが循環物色され、XRP(リップル)の取引高も2倍を記録したほか、BTC(ビットコイン)取引高も前週比+40%以上の増加を見せている。
仮想通貨相場回復の起爆剤として期待される「Bakkt版ビットコイン先物取引」について米弁護士が分かりやすく解説
12月12日に開始される「Bakkt版のビットコイン先物取引」の現状について、米ワシントンDCの弁護士が考察。機関投資家の参入に好影響を与える可能性が高く、仮想通貨相場回復の引き金になり得るとして期待を集めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加