仮想通貨に対して禁止を含む厳しい規制を置く10ヶ国まとめ

仮想通貨を規制している国々

1:中国

中国国内や他の金融機関は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引など全て禁止されている。

2014年4月1日に中国人民銀行(PBOC)は、商業銀行や決済会社での全てのビットコイン取引口座の閉鎖を命じた。

仮想通貨取引所や取引プラットフォームは、2017年9月に公式に禁止され、173ものプラットフォームが2018年7月までに閉鎖が行われた。

中国人民銀行は、Pan Gongsheng氏率いる国家外貨管理局は、2018年はじめにビットコインマイニングを取り締まるだろうと発表。

同国のビットコインマイニング事業者のほとんどが、2018年1月までに稼働停止を行った。

2:ロシア

ロシアは、仮想通貨での商品やサービスの決済は禁止されているが、ビットコインは規制されておらず、仮想通貨規制に対し不明瞭な対応を見せている。

3:モロッコ

政府は、「仮想通貨の取引は取引規約に違反に値する。違反者には罰金とペナルティ、又は両方が課せられる。」という内容の公式文書を発表した。

4:ボリビア

ボリビアの中央銀行は、2014年にビットコインをはじめとする仮想通貨の使用を禁止。

5:コロンビア

2014年、コロンビア官庁のSuperintendencia Financieraは、国内の金融機関に対し、『仮想マネー事業の保護、ブローカー、運用や管理』など許可していない。

コロンビアは、ビットコインの使用や投資を許可していない。

6:エクアドル

エクアドル政府は、国会でビットコインなどの仮想通貨を禁止を決定。

「電子マネーは、ドル建ての金融計画で運用やサポートするように設計されている」と、エコノミスト兼共和国大統領の代理であるDiego Martinezは、政府規制と財政金融政策委員会に進言した。

7:イラン

2018年にイスラム共和国の中央銀行が出した声明によると、イランの銀行や金融機関はマネーロンダリングやテロ資金のリスクがあるとし、仮想通貨取引を禁止した。

8:アルジェリア

アルジェリアは、いかなる形でも仮想通貨を許可していない。

『仮想通貨と呼ばれるものの購入、販売、使用や保有を固く禁止する。仮想通貨は、インターネットを介してネットユーザーが使用する通貨。コイン、メモ、小切手またはクレジットカードによる支払いなどの直接的サポートがないことが特徴としている。条約違反は、法律および規則に従って処罰される。』

9:台湾

規制当局は、ビットコインは「金融当局によって発行された通貨ではなく、法的保護が不可」との警告を出している。

10:カンボジア

National Bank of Cambodia (NBC)は、 カンボジアの証券取引委員会と国家警察は、2018年6月19日に述べた「ライセンス取得無しに仮想通貨の蔓延、流通、売買、取引や決済を行うと規制当局の違法行為に該当し、法律に従って罰せられる」

参考記事:Top Countries Where Cryptocurrency is Illegal

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界最大手資産運用企業BlackRock社CEO|ビットコインETFに関心示すも、政府の仮想通貨規制が条件
世界最大の資産運用会社BlackRock社のCEO、Larry Fink氏は業界がもう少し成熟しない限り、仮想通貨ETFの立ち上げはないと言及。法整備や規制面がまだ進んでいないことを課題として挙げた。
ドイツ金融規制機関『個人投資家はICOに手を出すべきではない』|国際的な仮想通貨規制の必要性を強調
ドイツの公式金融機関である連邦金融監督庁の代表を務めるFelix Hufel氏がICOの危険性を指摘しながら、ICOに関する国際的な規制基準の必要性を訴えた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加