大手スウェーデン銀行SEBがリップル社の商品を絶賛|xRapidへの利用拡大の可能性も

スウェーデン大手銀行がリップルの送金ネットワークを絶賛
スウェーデンとアメリカ間の送金を目的にリップルのプラットフォームを利用しているスウェーデンの大手銀行SEBが同社の製品を絶賛、今後の「次のステップ」を模索しているとSEBの責任者が言及した。この発言を元に、同銀行がxRapidへの利用拡大を検討しているのではないかと期待する声も。

【謝罪と訂正】

本記事(https://coinpost.jp/?p=55250)において、参考情報に誤解を招く表現があったため、内容を訂正し、参考ソース(本人の声明)も確認済みです。大変申し訳ございませんでした。

xCurrent利用のスウェーデン大手銀行がリップル社の商品を絶賛

スウェーデンの主要銀行の一つであるSEB(スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンの略称)がスウェーデンとアメリカ間の送金を高速化する為にリップルの商品を利用しており、リップル社の商品に対するニーズが増えている事を明らかにした。

SEBの送金サービス責任者であるPaula da Silva氏は先月末にオーストラリアで行われたSWIFT社主催の大規模カンファレンス、Sibosでリップル社の商品を讃えた。

昨年時点ではSEBの顧客の中で1クライアントのみが利用していたとda Silva氏は言うが、現在では全ての顧客企業がスウェーデンからアメリカに送金する際にリップル・ネットワークを利用していると述べた。

同銀行はスウェーデンの首都ストックホルムに本社を置き、スウェーデン、エストニア、ラトビアやリトアニアに支店を置いており、2016年11月7日にリップル社と提携を結び、スウェーデン・アメリカ間の国際送金にxCurrentを利用している。

スウェーデンとアメリカ間の取引・送金の為にリップルのプラットフォームを利用しています。

そこでおそらく数十億は通っているので素晴らしいものだと思います。

今後のさらなる動きを検討する為に、我々のIT関係者は次のステップを模索しています

現在、SEBはxCurrentを利用しているが、今回の発言を受け、「次のステップ」に関する発言がリップル社の仮想通貨XRPを利用したxRapidへの利用拡大を示唆しているのではないかという憶測が飛び交っている。

最後に、da Silva氏の発言に対しリップル社のセールズ戦略責任者であるMarcus Treacher氏は欧州の主要銀行の一つであるSEBのリップルのネットワーク利用について以下のようにツイッター上で言及した。

我々はSEBのPaula氏らと共に働ける機会を誇りに思っている。リップルの顧客であり、パートナーでもある銀行から素晴らしい結果が出ている。

CoinPostの関連記事

与沢翼氏が現在のリップル(XRP)保有数を公開、2019年は仮想通貨などに本格投資へ
大物実業家の与沢翼氏は、かねてより「なぜ投資先としてXRP(リップル)を選んだのか、なぜビットコインなど仮想通貨市場が将来有望なのか」について見解を述べており、2019年は「債権、株、仮想通貨」への投資活動を本格化させると表明した。
MIT後援の送金プラットフォームSendFriendがリップル社の『xRapid』を導入|最大65%の手数料削減に貢献
米名門大MITが後援するブロックチェーン基軸の国際送金プラットフォームSendFriendは、リップル社の高速決済システム『xRapid』の導入を発表。送金手数料を半分以下まで削減できたとxRapidを賞賛した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加