韓国取引所Upbit:海外進出に向けて、タイとインドネシアに取引所設立へ

韓国の大手仮想通貨取引所であるUpbitは、グローバル進出の一環として、タイとインドネシアに新たな仮想通貨取引所の設立に向けて進んでいることが判明した。

同社は、最近シンガポールに取引所をローンチしたばかりだ。

Upbitのウェブサイトによると、130種類以上のコインと240以上の取引ペアが扱われる予定とのこと。

Upbitは、韓国の人気チャットアプリであるKakaotalk(カカオトーク)を運営している Kakao Corpと提携しているDunamu Inc.によって運営されており、米大手取引所Bittrexとも提携を結んでいる。

参考記事:South Korea’s Upbit to Launch Crypto Exchanges in Thailand and Indonesia

CoinPostの関連記事

アルトコインに追い風|Binanceに続きUpbitも仮想通貨規制に寛容なシンガポール拠点立ち上げを発表
韓国の大手取引所Upbitと親会社のDunamuが、Upbitシンガポールの立ち上げを正式発表した。韓国ではブロックチェーン規制ガイドラインの成立が近いと見られるが、いまだ不透明な状況は続く。Upbitは仮想通貨規制に比較的寛容なシンガポールをグローバル進出の足場にしたい考えだ。
韓国政府が未登録の仮想通貨取引所への取締強化|「政府の圧力」背景にサービス停止
韓国仮想通貨取引所Zeniexが韓国政府の未登録仮想通貨取引所に対する取り締まり強化を背景に今月23日を持ってサービス停止すると発表。Zeniexは資金調達額が基準に達しなかった点や金融当局から承認を得られぬまま取引を開始していた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します