次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進

dAppsとしてのイーサリアムの躍進
イーサリアムに注力したブロックチェーン企業Consensysの創業者であるJoseph Lubin氏は、今後のWEB2.0からWEB3.0への移行においてイーサリアムが主導権を握って牽引していくと述べた。
仮想通貨自体が”killer app”
Lubin氏は、dAppsにおいて、未だUberやAirBnBのような「killer app」と呼ばれる革新的なものが台頭してきていないことを指摘されたが、イーサリアム自体が「killer ecosystem」であり、仮想通貨自体が「killer app」であると主張した。

dAppsとしてのイーサリアムの躍進

先日行われたイーサリアムの年次会議であるDevcon4にて、イーサリアムに注力したブロックチェーン技術関連企業Consensysの創業者Joseph Lubin氏が登壇し、イーサリアムの将来性について言及した。

彼は、イーサリアムこそが次世代のWEB3.0を後押しし、中心となっていくと示唆する一方で、そのイーサリアム基盤のdAppsがインターネットだけでなく、人々の生活も豊かにしていくと主張している。

海外情報プラットフォームのMediumで、The Internet of Blockchains Foundationの会長を務めるMatteo Gianpietro Zago氏は、WEB2.0からWEB3.0への変革を表す以下のような図を公開した。

出典:Medium

Web 3.0のdApps

ブラウザ:Google → Brave

ストレージ:Dropbox、Google Drive → Storj、IPFS

ビデオ通話:Skype → Experty

OS:Android、iOS → Essentia.one、EOS

SNS:Facebook、Twitter → Steemit、Akasha

メッセージ:WeChat、WhatsApp → Status

Lubin氏は、この既存の一般的なアプリケーションであるWEB2.0から、dAppsを中心としていくWEB3.0への変革がイーサリアムを主体となって行われていくと説いたのである。

実際、上の図のWEB3.0ブラウザで挙げられているBraveもBasic Attention Token(BAT)と呼ばれるトークンを発行しており、そのトークンはERC-20トークンとなっている。

WEB3.0のストレージ部門のStorjが発行するSTORJトークン、ビデオや音声通話のExpertyが発行するEXYトークン、メッセージのStatusNetworkトークンを始め、ほとんどのものがERC-20トークンとなっていることから、Lubin氏が語る通り、WEB3.0への移行は、イーサリアムが主体となって推し進められていると言っても過言ではないのかも知れない。

さらに、彼はイーサリアム基盤のdAppsにおいて、未だUberやAirBnBのような「killer app」(キラーアプリ)と呼ばれる革新的なアプリが台頭してきていないという指摘に対し、以下のように反論した。

「イーサリアムにおいて、特定のキラーアプリは必要なく、イーサリアム自体が”killer ecosystem(革新的なエコシステム)”であり、国際経済、社会、政治を変革し得る可能性を持っている。」

このように、Lubin氏はキラーアプリの必要性を感じていないことを示唆してはいるが、2019年には、このUberやAirBnBに相当するような「killer dApps」(キラーdApps)が台頭してくるだろうとも予想し、Lubin氏は、仮想通貨自体が「killer app」(キラーアプリ)であることを述べた。

仮想通貨自体がキラーアプリ

Lubin氏以外でも以前から、仮想通貨そのものがキラーアプリであるという事は以前から言われてきた。

Mastering Bitcoinの著者であり、連続起業家でもあるAndreas M. Antonopoulos氏も、仮想通貨やブロックチェーン技術自体がキラーアプリであることを提唱している。

またAntonopoulos氏は、仮想通貨が国境に左右されず(ボーダーレス)、検閲への耐性を持ち、干渉されることや本人確認、信頼確認もされることなく、国際送金も非常に低い手数料で迅速に実現可能であることなどを挙げ、仮想通貨の革新性を強調している。

Lubin氏も、この分散型ネットワークでは、自身の個人情報や仲介手段の選択において、個人が大きな力を持つことができるようになると主張し、ブロックチェーン技術の影響は、社会的、技術的だけでなく、個人規模にまで波及していくと述べている。

CoinPostの関連記事

コインチェックで仮想通貨イーサリアム、ネム、リスクの入金・購入を再開
国内大手の仮想通貨取引所コインチェックは、11月12日より、ETH・XEM・LSKの取引を再開した。特にXEMとLSKは国内取り扱いが少ないことから、流動性が高まる可能性がある。残るは、XRPとFCTのみとなる。
仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレードは2019年1月に仮予定か
延期されていたイーサリアムの次期アップデート『コンスタンティノープル』の実装時期として、『1月16日』が開発者らによって提示された。ただし、その予定は開発状況次第ではさらなる延期の可能性も考えられる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加