BCH急落の要因|仮想通貨取引所OKExのビットコインキャッシュ先物取引、急遽18時で取引を終了

仮想通貨取引所OKExでのビットコインキャッシュ(BCH)先物取引が、日本時間17時5分に停止したこと、また18:00(2018/11/14 10:00amUTC)に清算が開始されることを急遽発表した。

詳細については、OKEx側から再びアナウンスされる予定だが、16日に控えるビットコインキャッシュのハードフォーク日程を控える現在、そのハードフォークに対応する先物取引停止措置だと考えられる。

この発表を受け、ビットコインキャッシュ価格は一気に下落に転じた。

OKExから突如、BCH先物取引の停止と清算が行われるアナウンスが出され、その影響を受けた可能性が高く、59000円付近から54000円台までの下落が確認されている。

このアナウンスが取引停止や清算される直前にアナウンスされたことで、投資家の中で混乱を招いた他、強制決済によるポジション解約による影響が警戒された形だ。また実際に決済時刻に続落している状況から、強制決済の影響が出た可能性はあるだろう。

ハードフォーク直前に迫る中で、当初では予想外になっていたSV派が優勢になっていたことで、取引所などの対応に慌ただしさが見える。

今後このような緊急対応も続く可能性があるので、情報はより正確かつ迅速に得る必要があるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

BCH(ビットコインキャッシュ)ハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表
11月16日未明に決行した仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォークでBitcoin ABCとBitcoin SV、2つのチェーンに分裂が生じた。国内外の取引所とウォレットサービスの対応方針を一覧表にまとめた。(随時更新予定)
【速報】仮想通貨取引所OKEx、57種類の仮想通貨取引ペア廃止へ|理由は流動性の低下
強固な取引環境を作り、ユーザーにとって最も良い取引環境を提供するために、OKExトークンの上場廃止措置ガイドラインに沿って、流動性の低い取引ペアを上場廃止すると発表。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら