MakerDAOのロックアップ額、100万イーサリアム到達|ETH価格の上昇ファンダメンタルズ要因に

MKR.toolsのMike McDonald氏は、自身のツイッター上で、MakerDAOのスマートコントラクト上にロックアップされているイーサリアムが、総供給量の約1% = 100万 ETHに達したことを発表した。

MakerDAOは、イーサリアムブロックチェーン上で稼働するステーブルコインDaiの担保となるプロジェクトだ。

Makerシステムは、ユーザーがイーサをプールして(PETHと呼ばれる)担保する形でDaiトークンが発行され、様々な手法を用いて価格を1ドル付近で安させている。

またの名を「WETH」、Wrapped Etherと称されており、イーサリアムを基準とした価格安定通貨としても有名だ。

今回、このニュースで考えられるメリットは、イーサリアムの市場供給量の内、1%が市場から一時的に排除されるため、市場内供給量が限定的になり、需要の恩恵がETH価格に反映されやすい土壌形成を投資家に意識させるだろう。

参考記事:Nearly 1% of the Total Ethereum Supply is Locked in the MakerDAO Smart Contract

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進
イーサリアムに注力したブロックチェーン企業Consensysの創業者であるJoseph Lubin氏は、今後のWEB2.0からWEB3.0への移行においてイーサリアムが主導権を握って牽引していくと力説した。
仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレードは2019年1月に仮予定か
延期されていたイーサリアムの次期アップデート『コンスタンティノープル』の実装時期として、『1月16日』が開発者らによって提示された。ただし、その予定は開発状況次第ではさらなる延期の可能性も考えられる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加