CoinPostで今最も読まれています

ビットコインキャッシュのハードフォークで通貨分裂を確認|今後の仮想通貨価格と展開は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインキャッシュフォークが実行
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行がされた。BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効としたことも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認された。

ビットコインキャッシュハードフォーク成功

ビットコインキャッシュのハードフォーク実行日時を迎え、BitcoinABCとBitcoinSVは、各々が掲げるBCHプロトコルのルールセットの変更するために、フォークを実行。

ABCとSVのブロックデータを提供するCoinDance上で、ブロックの状況が見えてきた。

出典:CoinDance

上記の画像がその当時の状況だが、ハードフォーク実行ブロックになった「556767」に到達すると、BitcoinABCのブロック作成が確認された一方で、SV側はトラブルがおきたのかABC側が数ブロック進むまでブロック生成が確認されない状況に陥っていた。

その後日本時間3時20分あたりで、SVのブロック生成が確認、BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効とした動きも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認されている。

フォーク前の状況では、BitcoinSVのハッシュレートが極端に優勢で一時70%を超えるシェアを獲得していたものの、ロジャー氏率いるBitcoin.comなどがハッシュ戦争の開始となるチェーンスプリットに合わせてBTCからBCHにハッシュの大幅切り替えを行ったことなどが影響し、ABC優勢の状況に転換した。

新規チェーンの最初の2ブロックをマイニングすることに成功したBitcoin.comのマイニングプールは、そのハッシュレートを4000ペタハッシュまで引き上げていたことも確認されている。

この4000ペタハッシュという数値は、非常に大きな数字であり、Bitcoin.comのアドバイザーを務めるJake Smith氏(以下、Smith氏)によると、”BCHネットワーク上で過去最大のハッシュパワーである”と言及されているほどだ。

現状では、クレイグ氏がネットワークに攻撃の意思を行うほど、ABCに対して優勢な立場を取ることができていないBitcoinSV。Smith氏は、マイナー達が、この戦争摩擦をいつまで続けようと考えているかにもよるという懸念点を示しつつも、現在の状況を、以下のように言及している。

Wright氏が今後、この状況を打破することができるのかは定かではないが、もし今後もBitcoin.comがハッシュパワーを今の水準で保っていけるのであれば、クレイグ陣営に勝ち目はないだろう。

SVの逆転はありえるのか?

フォーク当初こそ劣勢に立たされていたSV派だが、すでにクレイグ氏は、この”ハッシュ戦争(has war)”と呼ばれる戦いを続けると公約しており、クレイグ氏が持っている手札は全て使用する動きにでる可能性が予想されているため、予断は許さない状況は続いている。

実際に、”Satoshi’s shotgun”と呼ばれるABC chainに偽の取引を送るスパム行為と思われる動きが確認されている。

この動きは多くの著名人も指摘しており、ハードフォークの直後から行われていたスパム攻撃の可能性がある映像も動画で公開された。

この動画では、超少額の取引が同一のアドレスへ5万以上もBitcoin ABC側のチェーンで処理されている内容が映っているが、その総額が0.5BCHにも満たないことからスパム攻撃の試みかもしれないと仮想通貨メディアCCNは報道内で見解を示している。

しかしこのブロック総容量は10MBに満たなかった為、現状ではブロック容量が32MBであるBitcoin ABC側のチェーンに大きな影響はなかったようだ。

また行うとされていた攻撃には以下のようなものが挙げられている。

「Poison blocks」という攻撃は、非常に難解なブロックの数々をABC chainのマイナーに掴ませ、マイニングスピードを遅延させ、ネットワークを機能不全にすることを目的としており、「Double-spend attack」という二重支払いに関する攻撃は、SVマイニング集団がそれぞれのマイニングレバレッジを使用し、ABCネットワークを不正な取引で壊す目的を行うとしている。

再度SVブロック生成停止か?

日本時間7時10分時点では、再度SVブロックの生成がCoinDance上で停止している状況が確認されている。

動きとして何がおきているかは、現状見解が出てきていないので定かではないが、追って状況を見ていく必要がありそうだ。

出典:CoinDance

追記

モニタリングサイトでも確認されているBitcoin ABCとSVとで違いが生じている10以上のブロック数の差に関して、Bitcoin ABC側の開発者が「SV側が攻撃に備えている可能性がある」との見解を示した。

出典:ramen.chopsticks.cash

このようにブロック生成が進んでいない上、SV側のCoinGeekとBMGのハッシュレート分、およそ2エクサハッシュ(EH)分がチャート上では消えているデータの状況を受け、Bitcoin ABC側の開発者であるAmaury Séchet氏がBCHハードフォークに関する生放送で以下のように発言した。

何らかの攻撃に備えているだろう。

…現在の状況は自由市場と言える状況ではない。現在、我々には攻撃を仕掛けようとしている対抗者がいる。

また、Bitcoin SV側を「この段階では敵とみなすべき」と付け加えている。

Séchet氏はビットコインやビットコインキャッシュからハードフォークするのは歓迎すると言及していたが、通貨から分裂するのと分岐した後もう一方を攻撃するのは話が別だとしている。

またSéchet氏はBitcoin ABCのブロック数がSVのブロック数より増えても攻撃から守られる保証は無く、2エクサハッシュ分の消えたハッシュレートがBitcoin ABCを何らかの形で攻撃する為に利用するのではないかと予想した。

今後の価格と展開は?

ハッシュ戦争自体、今後どのような形で決着がつくかは現状定かではないが、チェーン分岐自体は行われたことが確認されたため、分岐チェーンをどのように取引所やウォレットサービスなどが取り扱うかが注目されるだろう。

現時点でBitcoinABCとSVの取引が継続して行われているのはPoloniexになるが、一時的に停止をしている他の取引所が対応するのは、状況を見てからの判断になる可能性は高いが、チェーン分岐が行われているため、通貨付与が対象ユーザーに対して行われ、各通貨の価格がこれから決まっていくことになりそうだ。

送金はもうできるのか?

すでに分裂したのなら送金はできるのか?との質問も出てきそうだが、まだ状況が落ち着いた訳ではなく、送金時のトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあるため、送金はしない方がいいだろう。

実際に、BitcoinABCをマイニングするBitcoin.comの記事でも、どちらかのチェーンが圧倒的なリードを取ることが確認できるまで、送金などの取引は行うべきではないとの見解を発表している。

送金したことによるリスクは、送金者がオンラインツールを使用して意図的にコインを分岐させていない限り、事故的にBCH取引が複数チェーン上で重複してしまうようなリプレイが起きてしまう可能性がある。

BCH価格を見る上での注意点

ビットコインキャッシュは、ハードフォーク後BitcoinABCとSVに分裂しているため、BCH価格を見る上での注意点を掲載する。

今後ハッシュレートなどハッシュ戦争の状況などで変わる可能性はあるが、現状(ABCが圧倒)で考察した場合、BitcoinABCがBCHを引き継ぎ(ティッカー変更の可能性はあり)、SVが付与通貨に該当する。

2通貨が付与される訳ではないため注意が必要だ。(現価格参考はpoloniexやBinance)

今後の展開を見る上でチェックすべきサイト一覧

また、今後のビットコインハッシュ戦争を見ていく上でチェックすべきサイトを一覧で紹介する。

Coin Dance

サイトURL:CoinDance

マイニングされたBCHブロックやハッシュレートと分布、ノード数などの多くの情報を公開するサイト。

今回記事で利用した情報など、BCHフォークに関する詳細データが掲載されている。

Forkmonitor.info

サイトURL:Forkmonitor.info

複数のBCHノードを表示し、あらゆる分岐のChaintipsを監視する、仮想通貨取引所Bitmexによって開発されたツール。

同様にFork.btc.comというデータサイトもBCHチェーンが視覚的に見て分岐したか否かを監視する。

Ramen.chopsticks.cash

サイトURL:Ramen.chopsticks.cash

Bitcoin ABC、SV、Unlimited、Naybcごとにそれぞれの状況を可視化するサイト。

同Webサイトによると、その色は、同様のブロックを差別化する目的として、各ブロックコンテンツのECMH signatureによって色分けされた結果であり、取引の順番は考慮していないと記述されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

セリクラに備える4つの判断材料、16万ビットコインを動かすクジラも確認|仮想通貨市況
仮想通貨市場は、ビットコインが年初来安値を更新したほか、時価総額でも2018年最安値を記録した。緊迫する状況にある中で迎えるBCHハードフォーク日時、明日以降の価格乱高下で注意したい情報をまとめた。
BCH(ビットコインキャッシュ)ハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表
11月16日未明に決行した仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォークでBitcoin ABCとBitcoin SV、2つのチェーンに分裂が生じた。国内外の取引所とウォレットサービスの対応方針を一覧表にまとめた。(随時更新予定)
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア