【速報】仮想通貨取引所バイナンス、ビットコインキャッシュ分裂通貨の「配布及び取引」を公式発表

Binanceがビットコインキャッシュ分裂通貨の付与及び取引を公式発表
Binanceが、ビットコインキャッシュ分裂後半日で、ユーザーへの分裂通貨付与に関する内容と同社プラットフォームでの取引内容を発表した。

BCHABCとBCHSV:Binanceに上場へ

日本時間木曜日の深夜にて、時価総額4位のビットコインキャッシュは2つの異なるプロトコルによるブロックチェーンに分裂し、BCHABC、BCHSVが誕生した。

これを受け、世界最大級取引所Binanceは、ビットコインキャッシュフォーク後の通貨となる、BCH ABCBCH SVの付与、及び上場に関する内容を公式で発表した。

公式内容

Binanceはビットコインキャッシュの所有ユーザーに対して、1:1の割合で、BCHABCとBCHSVの配布をすでに行なったと発表。

また、日本時間11月16日17時より、以下の取引ペアを開始する予定だ。

  • BCHABC/BTC
  • BCHABC/USDT
  • BCHSV/BTC
  • BCHSV/USDT

出典:Binance

また、今までユーザーのBCH(BinanceではBCC)の残高を取消、BCC(BCHを指す)の取引ペアも廃止する。

さらに、BCHABCとBCHSVの入出金に関しては、ブロックチェーンとウォレットが安定してから開始すると告知している。

通貨付与に関して

分裂通貨の取り扱いに関しては、二日前に、Binance公式ブログ にて、以下の様に掲載していたため、分裂後の続報となる。

チェーン分岐が無ければ随時取引再開の情報を更新、分岐があった場合はスナップショットのBCH残高に基づき、BCH ABCとBCH SVの両方を1対1の割合でユーザーに配布する。そして、入出金は日本時間16日0時から停止。ビットコインキャッシュの全ての取引は16日1時40分に停止。

ビットコインキャッシュフォークのティッカーシンボルに関して

Binanceの代表者CZ氏は、ツイッター上で、フォーク通貨のティッカーシンボルに関しては、ティッカーシンボル(例:ビットコイン=BTC)の変更を行わず、今後もその変更予定はないと言及している。

分裂通貨:今後の価格推移にて

ビットコインキャッシュから分裂しできたBCH ABC、BCH SVとなったが、両コミュニティによる「ハッシュ戦争」は依然継続しており、市場の混乱を招くSV優勢の状況こそが回避しつつあるものの、今後どのような形で決着がつくかは現状定かでない。

しかし、チェーン分岐自体が行われたことが確認されたため、Binanceのように分岐チェーンをどのように取引所やウォレットサービスなどが取り扱うかが注目されており、今後の情報も続々と発表されるだろう。

現時点でABCとSVの価格は、フォーク前から取引が継続されいるPoloniexに加え、今回上場したBinanceの相場が市場全体の基準価格となる可能性が高い。

ビットコインキャッシュのフォーク後通貨が付与対象となるユーザーにおいて、これらの情報が重要となるが、現状BCHの価格変動が全体市場に影響を及ぼしているため、全ユーザーがチェックするべきだろう。

また、ビットコインキャッシュに関する重要内容は、以下の記事に掲載している。

CoinPostの関連記事

ビットコインキャッシュのハードフォークで通貨分裂を確認|今後の仮想通貨価格と展開は?
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行がされた。BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効としたことも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認された。
BCH(ビットコインキャッシュ)ハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表
11月16日未明に決行した仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォークでBitcoin ABCとBitcoin SV、2つのチェーンに分裂が生じた。国内外の取引所とウォレットサービスの対応方針を一覧表にまとめた。(随時更新予定)
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加