問題を探している?ビットコイン評論家に対してJames Altucher(以下アルトゥーカー氏)は完全な間違いだと答える

暗号通貨は国際収支の問題解決になる
現在の中央集権的な制度では、余分な手間がプライバシーやセキュリティの危険を生むが、仮想通貨はそれを解決する可能性を持っている
暗号通貨はグローバル金融制度の前進の次のステップである
価値のデータ化が以前に増して急速に進行していることを指摘

問題の解決になるものにしか投資はしないべきだ。

少なくともこれは元ヘッジファンド経営者、ビジネスブログ作成者、及びベストセラー作家のアルトゥーカー氏がとっている戦略です。そのような見解を持っているにもかかわらず頑なにビットコインや他の暗号通貨のような「問題を必要としている解答」と言われている新技術に投資し続けていることは不思議に思えるかもしれません。

しかし、アルトゥーカー氏はその主張をナンセンスだと考えています。

彼は暗号通貨が法廷不換紙幣に基づいた(fiat-based)金融制度(特に国際収支にかかる手数料と時間)が引き起こす問題の解決になることを信じています。

現在行われているすべての国際収支は地方銀行、中央銀行、及び国際ワイヤーサービスからなる7または8ステップを経て目的地にたどり着きます。そして各ステップごとに手数料、エラーの可能性、プライバシーとセキュリティーの危険が発生します。

アルトゥーカー氏はビットコインが暗号通貨が銀行のような金融仲介機関の代わりになってこれらの問題を解決する可能性があると信じています。

なぜなら新技術が経済界の収縮に成功しているにもかかわらず、その決済システムを提供している銀行がまだ20世紀から変わっていないからです。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

はっきりとした価値

アルトゥーカー氏によると、財政及び商業特有の様々な問題を解決するためには複数種類の暗号通貨が必要になります。

彼は、ビットコインが銀行の国際収支の役割を果たすことは可能であるが、イーサリアムとその独自トークンのエーテルがプラットホームのさらに複雑な自動実行スマートコントラクトという形でより安く、そして簡単な条件付証書で押さえられている資金(escrow funds)を提供できると考えています。

しかし、アルトゥーカー氏が暗号通貨の全体的な未来に対して強気な反面、驚くことに現在取引されている暗号通貨に対しては弱気です。実際彼は現在出回っている900ほどある暗号通貨のうち、880ほどが最終的には価値がなくなることを予想しています。

アルトゥーカー氏の悲観論は彼の問題解決に対する主張と首尾一貫しています。彼からするとほとんどの暗号通貨は明確な問題の解決になっていません。しかし同時に、彼は専門家や下調べをしっかりしている人のアドバイスを大いに受け入れるつもりです。

彼は二つの戦略が同時に働いていることの例として、ファイルコインへの投資について言及しました。

ファイルコインはエーテルの契約管理の特徴を利用してドロップボックス、アマゾン、及びグーグルのような集中型クラウドストレージ会社の重要な問題を解決しているとアルトゥーカー氏が語ります。アルトゥーカー氏のような分散型ストレージの主唱者は分散化がコストを削減しながらストレージをより強固、永続的、そして利用しやすくすると考えています。

そしてそれは大きな結果を生み出すでしょう。

ストレージ市場が一瞬にして分散化した場合を想像してみてください。それは潜在的に1億ドル産業になりえます。

データイズムに向かって

アルトゥーカーは暗号通貨をグローバル金融制度の前進への次のステップであるとみています。現在まで各ステップは前の制度が解決しなかった問題を解決しています。

例えば、金は共通通貨としてバーター制の多くの問題を解決しました。しかし、金塊を持ち歩くことは安全でもなく実用的でもなかったため、共通通貨は紙幣になりました。

「そして紙幣はより「電気的」になった」
とアルトゥーカー氏が述べました。

銀行はデビットやクレジットカード番号と結び付けられているアカウントを使って我々がいくら持っているのかを知ることができます。このようにお金を仮想化することによって取引がよりスムーズに行くようになりました。

アルトゥーカー氏によると、この移り変わりは全ての取引及び通貨がデータ化するまで止まることはありません。

作家のYuval Noah Harari (ハラリ氏)の作品を参照してアルトゥーカー氏は我々が有神論から人本主義を経てデータイズムに向かっていると言いました。

アルトゥーカー氏は以下のメタファーを用いてこの考え方をより現実的にしています。

「昔病気になったときには神に祈って健康問題を解決してもらっていました。その後は医者に行って病気を治してもらい、今ではデータに頼って健康状態を治します。MRIやEEGを受け、データが人の病気を解決します。どの産業をみてもそのような傾向に帰着することがわかります。」
そしてアルトゥーカー氏によるとその傾向は現在通貨についてもみられます。我々はblockquote「イン・ゴッド・ウィー・トラスト」から「イン・クリプトグラフィー・ウィー・トラスト」へと移行しています。

Searching for Problems? James Altucher to Bitcoin Critics: You’re Dead Wrong

Sep 21, 2017 Ash Bennington

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用