世界最大級の取引所バイナンス:米仮想通貨トレーディングデスクに300万ドルを出資

バイナンス:米仮想通貨トレーディングデスクに300万ドル投資
Binance Labsは、Koi Tradingに約3.3億円出資したことを明かした。OTC取引に山積する課題解決を目的としており、各国の規制当局や金融機関との信頼構築に期待を寄せた。

バイナンス:米OTCトレーディングデスクに出資

Binance Labsはプレスリリースにて、Koi Tradingに300万ドル(約3.3億円)出資したことを明らかにした。

出典:Koi Trading公式サイト

Koi Tradingはサンフランシスコに拠点を置くOTC取引所で、データサイエンスや定量調査、コンプライアンス関係のコンサルティング業のアシスタントなどのサービスも提供している。

この出資に関してBinance Labs最高責任者のElla Zhang氏は以下のようにコメントしている。

Koi Tradingのミッションは、コンプライアンスを遵守して、法定通貨と仮想通貨の架け橋となること。

このビジョンは、グローバル規模で自由に価値交換が可能となるインフラ構築を手がけるバイナンスと一致する。

Koi tradingの設立者でありCEOのHao Chen氏も以下のように発言した。

Koi Tradingの経験豊かなトレーダーや営業部の社員が力を合わせ、北アメリカ、アジア、ヨーロッパの取引相手との広いネットワークを利用し、 現在OTC市場にある諸問題を解決したい。

仮想通貨市場に広まるOTC取引

規制問題や仮想通貨取引所の停止措置以降、中国ではOTC取引が普及している。

また以前コインポストでも報道したように、この動きは中国だけに止まらず、その他地域でもOTC取引は広がりを見せている。

現在中国の大半のOTC取引所では、主に中国で広く使われるチャットアプリ「WeChat」を介して利用されているものの、使いづらいなどといった声も少なくない。

また現在、事実上ほとんど規制が進んでおらず、市場操作が起こされないことは保証できないといった課題がある。

さらに、OTC市場には監視および情報共有の取り決めがなく、他の投資市場には古くから当然あるような不正摘発措置は期待できないとされている。

そういった状況がある中で、今回Binance LabsがKoi Tradingに出資した狙いは、世界的に見られるOTC取引の課題を克服し、クライアントにより良い選択肢を提供することだとしている。

Chen氏は下記のようにコメントしている。

Koi Tradingのアンチマネーロンダリング対策プログラム、幅広い米銀行との関係、中国の取引先との厚い信頼、Binance Labsからの投資などをもって、信頼性を向上させた次世代のマーケットを築きたい。

金融サービスの大手Refinitiv社:バイナンスにKYCソリューション提供へ

今週の火曜日には、バイナンスは、金融サービスを提供する大手企業Refinitivと協力関係を結び、同社から自動化されたKYC(顧客確認)ソリューションが提供されるとしている。

出典:Refinitiv 公式サイト

バイナンスのCFOのWei Zhou氏はこれにより、規制当局や金融機関との信頼の構築が期待できると説明している。

このように仮想通貨市場ではOTC取引やマネーロンダリングなど多くの課題が残る中、その健全化をバイナンスが試みるという形になっており、これが功を奏するかどうかに注目が集まる。

CoinPostの関連記事

バイナンスのCZ氏、CNBC番組内で仮想通貨市場の強気転換を語る
CNBC AFRICAの番組CRYPTO TRADERにCZ氏が出演した。司会のRan NeuNer氏はCZ氏に対し、低迷する仮想通貨市場の強気市場転換の鍵は何かとの質問を投げかけ、また先月からおよそ50%減少した取引所の取引量に関しても質問をしている。
仮想通貨取引所バイナンス内で、露取引所が20億円相当のイーサリアムを資金洗浄 口座を凍結へ|Mt.Gox事件関与疑惑も
Binanceが93000ETH以上を資金洗浄したと思われる2つの口座を凍結し、規制当局に全面的に協力する意向を示した。凍結された口座はロシアの取引所Wexのもので、以前から原因不明の出金停止で問題視されていた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら