北朝鮮初の「国際ブロックチェーン・カンファレンス」開催が明らかに

2019年4月、北朝鮮初となる、国際ブロックチェーン・カンファレンスが開催されることが明らかになった。

国家主導で仮想通貨関連の国際カンファレンスが開かれることは、北朝鮮の歴史の中で始めてのこととなる。

発表によると、今回のカンファレンスは北朝鮮の首都「平壌」で開催され、4月から7日間に渡って、国内ツアーが設けられる。

イベント参加者は、一人当たり3300ユーロ(約42万円)必要となってくるが、北朝鮮国内での宿泊だけでなく、食事、付帯設備の利用など、全てを含んだ料金設定をしているホテルに加え、北朝鮮国内の観光、ボーリング、射撃などのアクティビティも堪能出来るプログラムとなっている。

しかし、今回のカンファレンスでは、イスラエル、日本、韓国市民に関しては参加不能とのこと。

加えて、ジャーナリストもカンファレンスに参加不可で、DPRK(朝鮮民主主義人民共和国)に対する宣伝や印刷物の配布などは認められないと記載している。

参考記事:North Korea to Hold First Crypto Conference

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

シンガポールの人物が北朝鮮の仮想通貨詐欺に助力か|Recorded Future調査
世界中で北朝鮮によるスキャムの被害が広がっている。その陰には国連やアメリカから課せられている経済制裁を回避する目的がある。そのスキャムを助力する人物がシンガポールに存在するとRecorded Futureの調査により報告されている。
北朝鮮:仮想通貨カンファレンスに続き、ビットコインの取引所開発に取り組んでいることが判明
韓国の地元メディアは、国営の韓国産業銀行(KDB)の報告によって、北朝鮮は仮想通貨マイニングを行っていることが明らかになった、と...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら