米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及

米商品先物取引委員会(CFTC) がブロックチェーンのスマート・コントラクトの入門書を発行
米CFTCは米国時間火曜日、スマートコントラクトに対する教育本位の入門書を発表した。特筆すべきは「スマートコントラクトが既存の金融規制に該当する点」だ。

CFTCのスマート・コントラクト入門書

米商品先物取引委員会(以下CFTC)は米国火曜日、ブロックチェーン上のスマートコントラクトに対する『入門書 』を公表した。

この入門書の重要性は

  • CFTCの公式政策でなく、教育ツールである点
  • スマートコントラクトが既存の金融規制に該当する点

の2点である。

出典:CFTC

入門書の紹介

この入門書はCFTC内部で特にフィンテックに関する分野に集中する部門として設立されたLabCFTCから発行されたもので、公式な法としてよりも教育目的の材料として発表されたものである。

入門書ではまず「スマートコントラクト」を定義づけ、その歴史、特徴、そして日常生活に影響する応用の可能性まで説明している。

グラフィックやチャートなどの画像を多用しており、自動執行のソフトウェアシステムからスマートコントラクトまで発展した様子を、まず自動販売機に例え説明し、そこからもっと複雑なクレジット・デフォルト・スワップなどを例に取り上げて分かり易く説明している。

またコストや時間削減などの利点も挙げながら、それに対するリスクや課題なども取り上げており、運用面、技術面、サイバーセキュリティ、詐欺や偽装などで克服しなければいけない部分も記述されている。

スマート(賢い)という単語を使われているが、スマートコントラクト自体が「賢い」のではなく、それが受け取る情報と指示するコードの範囲内以上は賢くなれない、とも言及した。

また法的な面からも、商品取引所法(Commodity Exchange Act, CEA)やAML法などの金融法管下の元で管理されるを明言している。そして、投資家の資産を守る為にすべてのトランザクションはCEA管轄の元で行うことを確保すると述べている。

米規制当局のスマートコントラクトに対する立場とは

CFTCの理事であるBrian Quintenzは以前にもスマートコントラクトによる予測市場の設計に対し警告をしており、Augur(REPトークン)による「予測(賭博)市場」まで確認された事により取り締まり強化への注意を呼び掛けていた。

米CFTC高官、分散型予測賭博市場の設計に注意喚起|仮想通貨Augurに関わる前例も
CFTC高官のQuintenz氏が、スマートコントラクトを活用した「予測(賭博)市場」を設計することに注意喚起を行なった。暗殺がギャンブルの対象となった経緯もあり、設計上での違法行為の対応を求めた。

また米証券取引委員会(SEC)は先日、スマートコントラクトによる分散型取引所EtherDeltaを未登録取引所とし、創設者であるZachary Coburn氏を起訴、4400万円相当の罰金を課した他、さらに今後ERC20トークン(スマートコントタクトによって作られる仮想通貨)を有価証券とみなすかも検討している。

米SECが2つの仮想通貨を未登録証券と判断|有価証券問題と専門家の意見
米SECは、米時間金曜日、2つのICOプロジェクトに対する告訴にて、ICOトークンを未登録証券とみなし、投資家への返金、証券登録および罰金を課したと発表した。これは、ICOの有価証券問題における取り締まりの重要な事例となるとされている。今回もこの問題の重要性と、法律家を含む専門家の意見を引用し、今後仮想通貨業界への影響を考察した。

仮想通貨市場や株式市場に対して極めて大きい影響力を持つ米金融規制当局CFTCとSECは最近動きが多く見られ、今後どのように仮想通貨全体市場を取り巻くか、目を離せないだろう。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者5,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米有識弁護士『SECの法執行で仮想通貨の価値は揺らがない』:ビットコイン暴落との因果関係を否定
米弁護士Stephen Palley氏は、Bloombergのインタビューに対し、SECは従来法に則ってICO2件について法執行を行ったのみであり、仮想通貨の価値が否定された訳ではなく、今回の暴落に対する因果関係はないと語った。
米CFTC、2018年の徴収額が過去5年間最高額を更新|仮想通貨市場の「相場操縦」が要因
米国規制当局のCFTCは、見せ玉関連の摘発数増加などで、2018年に9000万ドル以上の罰則金を徴収している事が判明。対照的にSECの徴収額は低下しており、ICO取り締まりを強化する意向を示している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら