米国土安全省が匿名仮想通貨「Zcash」などのトラッキングに関心を示す|米政府の直近の動きもハイライト

米国土安全省が匿名仮想通貨のトラッキング可能性に関心か
米国の国土安全省は、中小企業向けに「国土安全における犯罪分析のためのブロックチェーン応用」という資料を公開、Zcashなどの匿名性に関心を示した。

米国土安全省が匿名通貨に関心か

米国土安全省(以下DHS)は、「中小企業革新リサーチプログラム」として、企業へ様々なビジネス意見を募集しようとし、11月30日に、『先行の資料募集』に当たる文書を公開した。

その中で、特に注目される項目は、「国土安全における犯罪分析のブロックチェーン応用」であり、中小企業による仮想通貨の利用に関して、討論されている。

出典:DHS

同項目でDHSは、商業および政府による仮想通貨利用を取り上げつつも、仮に匿名性の高い仮想通貨プラットフォーム(Zcashやモネロ)が犯罪行為に使われた場合、どのように犯罪分析を行うことができるかに重点を置いている格好だ。

匿名通貨に目をつける米DHS

DHSは、ZcashやMoneroのようなブロックチェーンプラットフォームが有する”高度な匿名性”が、送金トランザクションの金額や出所を追跡困難にしていると指摘、以下のように記述している。

匿名という特徴は、使い方によっては、違法行為に利用される可能性も考えられるため、このような送金に対する理解と追跡は必要となるだろう。

我々は、ブロックチェーン送金における犯罪に対する法的執行捜査・分析のソリューションズを募集している。

したがって、ZcashやMoneroのような匿名性が、ブロックチェーンプラットフォームにどのように実装されるかについて、三つのソリューションズの段階を提示している。

さらに同文書が、今回の募集は正式な『提案リクエスト』でない掲載しているため、つまり現時点では具体的なソリューションズを探るよりも、興味を示しているものとされている。

米連邦政府による仮想通貨・ブロックチェーンに関する動きに関して、直近では、米国財務省がランサムウェアなどのサイバー犯罪に関わる二人のイラン人を、身代金で強要した仮想通貨ビットコインの取引によるリアル(イランの法定通貨)にキャッシュアウトすることに加担していたと判断し、経済制裁を課し、そして同犯罪に使用していた二つのビットコイン・アドレスを特定したことは記憶に新しい。

今後も、米国における異なる省庁や政府機関が、どのように仮想通貨・ブロックチェーン関連技術に向き合い、どのような姿勢や動き(取り締まりも含む)を取っていくか注目されている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者6,000名突破。

CoinPostの関連記事

米ワイオミング州で仮想通貨・ブロックチェーン関連企業の『銀行法』が審議で承認
米国ワイオミング州の立法委員会にて、銀行が仮想通貨・ブロックチェーン関連企業にサービスを提供することを許可する法案が承認され、最終可決に繋がると期待されている。
米財務省が歴史上初、サイバー犯罪利用の「仮想通貨ビットコインのアドレス」を特定、経済制裁対象リストに追加|事件の重要性を解説
米国財務省は、ランサムウェアなどのサイバー犯罪に加担した人物に対して経済制裁を課し、歴史上初となる米財務省によるビットコイン・アドレスの特定と公表 、経済制裁対象リストに追加を行なった。本記事では、専門家の意見を元に、同事件の重要性を解説する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら