複数リストで仮想通貨関連ワードが1位獲得、米国では「リップル買い方」がランクイン|2018年Google検索ランキング

仮想通貨関連ワードがGoogle検索ランキングでランクイン
Google社が公開した2018年Google検索ランキングに、「仮想通貨」や「ビットコイン」が入る検索ワードが複数ランクインした。米国ではリップルの買い方が入るなど、各国での注目度の違いも明らかになった。

仮想通貨関連ワードがGoogle検索ランキングでランクイン

Googleは12日、2018年Google検索ランキング「Year in Search: 検索で振り返る 2018」を公表した。

2018年の年初から12月1日までを対象とした日本の検索ランキングでは、急上昇ランキングで1位に「ワールドカップ」、2位に「オリンピック」がランクインするなど、今年開催された世界大会の検索ワードが名を連ねた。

驚くことに、今年大きな下落相場となった「仮想通貨」や「ビットコイン」が入る検索ワードが、日本のランキングで多く見られた。

日本のランキング

日本で仮想通貨関連ワードがランクインしたのは以下の2項目(リスト)だ。

  • ◯◯とは
  • ◯◯ 仕組み

このリストは、前年に比べて今年トラフィック数が急増した検索キーワードに基づいてピックアップされており、今年多く利用された項目でもある。

まず2つのリストのランキングを掲載すると以下の様になる。

◯◯とは

1位:仮想通貨とは

2位:皆既月食とは

3位:ビットコインとは

4位:裁量労働制とは

5位:ガバナンスとは

◯◯ 仕組み

1位:仮想通貨 仕組み

2位:ビットコイン 仕組み

3位:ブロックチェーン 仕組み

4位:ワニワニパニック 仕組み

5位:バーチャル ユーチュー バー 仕組み

言葉の意味を調べるときに、調べたいことばに「とは」を付けて検索する「とは検索」では、1位と3位に仮想通貨関連ワードがランクイン。とは検索にも近いが、その仕組み自体を調べるときに利用する「◯◯ 仕組み」には3位まで仮想通貨やブロックチェーン関連ワードが独占した。

関連ワードがランクインしたリストからも、昨年の急騰相場で大きな話題となり、実際どのようなものなのか?といった興味をもつ日本人が多かった事がわかった。

検索数の推移

2018年のGoogle検索にて、全体を通しても検索数が多い事が明らかになった仮想通貨関連ワードだが、検索数の推移を見るGoogleトレンドのチャートで確認すると、相場に極めて相関性のある推移をしている。

出典:Googleトレンド

検索数のピーク時(1月)を見ると、その興味指数は価格に連動しており、トレンド性が高いものであったことがわかった。

トレンドチャートを見ていくと、右肩下がりに推移しているチャートも、直近11月後半で上昇に転じていることがわかるが、これはビットコインキャッシュ分裂で問題視された「ハッシュ戦争」に伴うマイニングやPoWアルゴリズムに関する「仮想通貨自体の仕組み」を改めて調べた人が増えた可能性が考えられるだろう。

米国では「リップルの買い方」がランクイン

他国の検索ランキングを見ていくと、日本が最も仮想通貨関連ワードがランクインしている国(国によってリストが異なるため、正確な検索数ではない)であることが明らかになった。

その他にランクインしている国では、日本と同様に仮想通貨市場が盛り上がった韓国や、マイニング企業も多く存在し、世界初のビットコインATMが誕生したカナダなどに、関連ワードのランクインが見られた。

注目すべきは米国の検索ランキングで、「Cryptocurrency(仮想通貨)」や「Bitcoin」が入るワードとして「What is Bitcoin(ビットコインはなんですか?)」がWhatリストの1位にランクイン。注目されたのは、やり方を検索するときに利用する「How to」のリストに、仮想通貨XRPに関する「How to buy Ripple(リップルの買い方)」という検索ワードが4位にランクインした点だろう。

「How to buy Bitcoin」もランクインしているが、8位とリップルがビットコインを上回る結果になったようだ。

出典:trends.google.com

この様なランキングからも、米国内では年初からXRPの購入意欲が大きく上昇していたことが明らかになった。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

投資家関心を示すGoogle検索数、史上初「リップル」が「ビットコイン」を上回る|仮想通貨市況
仮想通貨市場は26日、XRPが高騰したことで全面安の市場が緩和する状況が見られ、相場は全面高に転じた。また、この高騰を受け、市場初Google検索数を示すグーグルトレンド上で、リップルがビットコインを上回った。
リップル社CEOが示す2019年仮想通貨業界の課題|取引所上場ビジネスの裏側も指摘
リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が2019年に仮想通貨業界で語られる課題は情報の開示であると指摘した。取引所の不明確とも捉えられる上場プロセスにおいてさらなる透明性向上を求めた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら