仮想通貨取引所「Huobi」が金融庁認可の下、日本上陸|リップル(XRP)配布キャンペーンを実施

Huobi日本上陸、仮想通貨XRPプレゼントも
世界取引高No.2の大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は日本時間本日、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、新しいBittradeとして、「事前口座開設」の開始を発表した。なお、登録キャンペーンとして、最大1千円相当の仮想通貨XRPがプレゼント。

フォビ日本上陸

世界取引高No.2の大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は日本時間本日、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、新しいBittradeとして「事前口座開設」の開始を発表した。

さらに、「新規口座開設+ログインで#XRP(リップル)最大1,000円相当をもれなくプレゼント」という特典があり、そのキャンペーンの流れは以下のようになる。

  1. 2018年12月17日〜2019年1月7日24:00 キャンペーン期間内に新規口座開設を完了し、 初回ログインいただいた方に、「500円相当分のXRPをプレゼント」
  2. 2019年1月8日〜2019年1月31日24:00 取引サービスリリース後から1月31日24:00までに再度ログインいただ いた方、または同期間中に口座開設を完了し初回ログインされた方に、「500円相当分のXRPをプレゼント 」

出典:huobi.co.jp

また、口座開設においては、以下の順となる。

出典:huobi.co.jp

なお、個人・法人の登録も可能となっており、KYC及びAML/CFTCのような厳格な必要項目も備わっている格好だ。

金融庁の厳しいスタンスがある中、世界有数の仮想通貨取引所フォビの日本上陸は、市場関係者からも大きな注目と関心を集めている。

Huobiの金融庁認可に関して

金融庁から下される仮想通貨交換業者の認可プロセスが、極めて厳格である中、Huobi取引所は、日本の法人「Huobi Japan」として、すでに同庁から認可を得た仮想通貨取引所「ビットトレード」を今年9月に、「業務提携」という形で「経営権の異動」により、事実上傘下に収めたことを発表した。

そして、今回HuobiJapanの発表に伴う、旧ビットトレードのサービスの終了などに関する注意事項は以下のようになる。

出典:bittrade.co.jp

Huobiグローバルの日本ユーザーに関して

また、今年6月から先行発表された、Huobiグローバル(Global)における日本居住者向け仮想通貨取引サービスの提供終了に関して、先日、ユーザー宛てのメールに書かれている、注意すべき詳細については以下の通りだ。

  • 出金:「Huobi Global」の取引終了日が2018年12月31日
  • 12月31日以降、取引が不可能となり、出金のみが可能
  • 入金・取引・注文はすでに終了となった

なお、「日本の登録仮想通貨交換業者では取扱いのない仮想通貨を、12月31日までにBTC又はETHへ交換できなかった場合、Huobiのカスタマーセンター までご連絡を。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

Huobiレポート|ビットコイン急落の影響で10,000BTC以上の超大口取引が急増か(11月28日〜12月5日)
世界有数のHuobi研究所提供。三週間連続でBTC大口取引が大量にあり、占有率上位のアドレスがBTCを全売りしたのは少なくなかった。1万BTC以上の「超大口取引」が前週より9倍も増加した。
米大手仮想通貨取引所Coinbase上場には規制準拠が最重要|VPが語る新たなビジネス戦略
米大手仮想通貨取引所Coinbaseの副社長が、先日XRPやステラを含む複数の通貨の上場に関する調査・検討など会社の新たなビジネス戦略について、様々な意見を述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら