シンガポール拠点の仮想通貨取引所、XRP(リップル)取引ペアを公開募集|XRP基軸通貨取引ペア16種提供中

BitrueがXRP取引ペアの募集を発表
すでにXRP基軸通貨の取引ペア16種を提供している、シンガポール拠点の仮想通貨取引所Bitrueは、公式ツイッターにて、より多くのXRP取引ペアを提供するために、募集を開始すると発表した。法定通貨のペアに対する要望が多数。

新たにXRP基軸通貨の取引所

すでにXRP基軸通貨の取引ペア16種を提供している、シンガポール拠点の仮想通貨取引所Bitrueは、公式ツイッターにて、「今後数ヶ月、より多くのXRP取引ペアを提供するために、オンボーディング(募集)を開始する」と発表した。

また、「2019年の1週目では、5つのペアの提供を予定し、コミュニティ・ユーザーから欲しい取引ペアを書き留めてください」と公募している。

コメントの中には、様々な仮想通貨/XRPのペアのほか、割高人気のあるペアは、法定通貨とのペアとなっており、例えば、XRP/USDやXRP/YENなどが挙げられている。

なお、同取引所のCEOによれば、BitrueのXRPマーケットの取引高は開業4ヶ月ですでに、PoloniexやBittrexのXRPマーケットを上回っており、世界におけるXRP出来高の約2%を占めている様な流動性を持っている。

Binanceの公式発表、XRP基軸通貨

世界取引高No.1仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の代表者CZ氏は、XRPを基軸通貨の一つとして取り扱い、続々とXRPマーケットを拡大し、取引を開始すると24日に、発表した。

なお現在、XRPの基軸通貨取引ペアは、TRX(トロン)/XRP、XZC(Zcoin)/XRP となる。

直近ではXRP取引ペアに関する前向きな発表が多く見られているため、XRPの流動性がより高まると期待されている。

XRPの最新上場まとめはこちら。

CoinPost関連記事

バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP(リップル)「2019年に期待される投機資産」で海外投資家から多大な支持|背景に複数のファンダメンタルズ要因か
SNS上で行われた「2019年に向けた仮想通貨の投機視点のアンケート」にて、海外投資家を中心とした3500が回答。XRPが70%を超える支持を受け、期待感が最も高い事が明らかになった。
仮想通貨XRPの最新普及状況と展望|リップル社の最新報告書が公開
リップル社は最新レポートにて、xRapidを含むリップルネット、デジタルアセットXRPの利用現状と展望を発表した。また同社の銀行部門責任者は現在仮想通貨分野の法的規制が明確でないため、xRapidは銀行に使用されていないと説明した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック