CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場「過去の相場分岐点」まとめ 専門家は2019年のビットコインをどう見る?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン2019年価格予想:専門家は2019年をどう見る?
今年の10月31日で生誕10周年を迎えたビットコイン。 多くの議論を巻き起こしながらもビットコインは21世紀の歴史に残す重要な発明の一つであることに疑問の余地はないだろう。 2018年も残りわずかだが、この記事では過去の価格パターン、現在の市場状況、また仮想通貨界有識者の2019年のビットコイン価格に関する内容を見ていく。

2019のビットコイン予想

2018年10月31日で生誕10周年を迎えたビットコイン。 多くの議論を巻き起こしながらもビットコインは21世紀の歴史に残す重要な発明の一つであることに疑問の余地はないだろう。 2018年も残りわずかだが、この記事では過去の価格パターン、現在の市場状況、また仮想通貨界有識者の意見から2019年のビットコイン価格がどうなるかを予想していく。

そもそもビットコインとは何か、以下の様に整理した。

  • ビットコインは2008年にサトシ・ナカモト氏(未だ実在者は不明)の論文、「ビットコインーPeer to Peerによる電子マネーシステム」によって提唱された新しい通貨システムである。
  • ビットコインの最大の魅力は第三者機関としての金融機関を通さずに電子取引の決済をすることを可能にする「非中央権型」のシステムを採用している点である。それによりどの機関もビットコインをコントロールすることが出来ない。
  • ビットコインの誕生によりブロックチェーンの可能性を世に広めた。それはブロックチェーンが金融取引だけでなくあらゆる価値を記録する【改ざん不可能】を持つデジタル資産になり得ることをである。
  • 2009年1月3日サトシ・ナカモト氏によって最初のビットコインブロック「Genesis Block」が作成された。その後同年1月12日にビットコインでの最初の取引がナカモト氏と彼の最も重要な協力者であるHal Finney氏の間で記録された。
  • ビットコインはその後、徐々に仮想通貨としての地位を確立し現在全体時価総額の大半を占めるまでとなっている。
  •       
  • ビットコインは年々人々の暮らしの中で実用化されている。食料、飛行機のチケット、ツアーパッケージ、ヨット、高級車、高級マンションなどがビットコインで決済可能となっている。

これまでのビットコインの価格推移

仮想通貨は認知の通り価格の変動が非常に激しい市場である。 ビットコインも決して例外なく、これまで数多くの価格変動を経験してきた。 その幾つかの歴史的な転換点をまとめている。

  • 2010年5月22日:ビットコインを使って初めて現物の商品が購入された。購入者はプログラマーで知られるLaszlo Hanyecz氏でパパ・ジョーンズのピザ2枚を10,000BTC(当時約3300円相当)で取引が記録された。
  • 2011年2月9日:ビットコイン1枚が初めてUSドルと同等の価値となり、数ヶ月もしないうちにビットコインの価格が30ドル(約3300円)へと急上昇。しかし2011年6月には10ドル(約1100円)に急落。
  • 2011年6月にはMt.Goxが世界最大のハッキング被害を受け価格は全体的に下向き傾向になり、その半年後Paxumがビットコイン決済の停止により更に下落。
  • 2012年11月にはビットコインの初めての半減期(マイニング報酬が半分になる)を迎え、ビットコインの価値が高騰していく。
  • 2013年11月には価格が1000ドル(約11万円)に達しゴールド(先物)よりも価値が高くなる。
  • 2014年にはマイクロソフトがビットコイン決済の導入を取り入れ、仮想通貨が様々な世界企業に受け入れられるようになるなどとビットコインにとって重要な年となった。
  • 2017年6月には3000ドル(約33万円)、9月にはビットコインのハードフォークによりビットコインキャッシュが誕生し5000ドル(約55万円)を突破した。しかし間もなく中国のICO規制により価格が3000ドル(約33万円)まで急落。それでも10月には巻き返し初の1万ドル(約110万)を達成。それからも投資家たちによる投資が相次ぎ、ビットコインは最高価格である2万ドル(約220万円)を記録した。
  • 2017年12月の年末には再び13000ドル台(約150万円)に急落。ビットコインコミュニティに大きな失望をもたらした。その後、各国の仮想通貨禁止や規制、不安を煽る様々な仮想通貨に対するネガテイブなニュースが続き2018年初頭には1万ドル(約110万)まで価格が急落。下落は1年を通して留まることを知らず、執筆の現時点では3600ドル(約40万円)と2018年の仮想通貨市場は投資家やコミュニティにとって最も苦しい1年となった。

2019年の価格予想

2019年はビットコインをはじめとする仮想通貨全体にとって最高の年になると信じている人が大勢いる。

価格を予測する上で金融市場は過去のチャートを繰り返す性質を持っているが、仮想通貨はそのものの歴史が浅いため、他の金融商品と違って予測をするのがはるかに困難である。

では、2019年のビットコインの価格はどうなるだろうか?2019年の価格はどこまで上昇するだろうか?それらの答えを各著名人や専門家からの発言から読み取っていこう。

John McAfee氏:2019年12月31日までには17万ドル(約1870万円)

John McAfee氏はアンチウイルスソフトMcAfeeの創業者でありビットコインを支援する有名人の一人である。彼は様々な予測をたてておりテレビやツイッターで2020年までに100万ドル(約1.1億円)に達しなければ「自分の性器を食べる」などと過激な発言をしている。

Michael Novogratz氏:2019年は2万ドル以上(約220万円)

Galaxy DigitalのCEOであるMichael Novogratz氏はビットコインは2018年末には9000ドル(約100万円)辺りで落ち着くであろうと予測した。それでも2019年の第一四半期までには1万ドルの壁を破ることを予想しており、先月の11月に行われたFinancial Timesのインタビューでは1万ドルの壁を越えれば2万ドル(220万円)まで伸びると思うと語っている。

Sonny Singh氏:2019年末までに2万ドル(約220万円)

Sonny Singh氏はBitpayの最高執行責任者でありNovogratz氏と同じ2019年末までに2万ドルの予測をたてている。Singh氏は2万ドルに達した場合1万5000ドル(約170万円)以下にはならないという予測もたてている。

Anthony Pompliano氏:2019年第三四半期まで現状維持

Anthony Pompliano氏はMorgan Creek Digital Assetsの創業者である。2018年中Pompliano氏はビットコインは最終的には5万ドル(約550万円)まで伸びると述べていたが後ほど発言を撤回している。Pompliano氏は他の著名人や専門家とは違い仮想市場は長期的な下落時期を迎えていると考えており2019年第三四半期までビットコインは3000ドル(約33万円)付近を維持すると述べている。

Ronnie Moas氏: 2019年末までに2万8000ドル(約310万円)

Ronnie Moas氏はStandpoint Researchの創業者で2019年終わりにはビットコインの価格は2万8000ドルと大胆な予想をたてている。Moas氏は、価格の高騰は供給の減少によるものと述べている。

Bobby Lee氏:2019年は2500ドル(約28万円)付近

Bobby Lee氏は中国の最初の仮想通貨取引所であるBTCCのCEOである。彼もビットコインの2019年価格に対しては悲観的な見方を保っている。Lee氏はビットコインが100万ドル(約1.1億円)に達するにはあと20年かかると予想しており、2019年は1年を通し低価格を続け2020年後半以降に価格が徐々に上昇すると述べている。

ビットコイン価格は結局どうなる?

これまでの考察を踏まえ、全体的に2019年のビットコインや他の仮想通貨の見通しは明るいと言える。Segwitのアップデート以降、ビットコインの取引速度は向上し実用化に向けて進歩し続けている。また2019年にはビットコインの供給が減少し需要が高まることで多くの専門家はビットコインの価格は再び上昇する見立てをしている。

最後に覚えておきたい点として、ビットコインや他の仮想通貨は憶測や予測に大きく影響されているが、それには大きなリスクも含まれている。仮想通貨のほんの小さな発展や進展も違う国からすれば善にも悪にもなることも留意しておきたい。

2019年のビットコインは様々な場所で様々な人々にこれからも更に利用されていくだろう。多くの人々に実用され更なる高みへとビットコインは登り詰めていくであろう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/09 木曜日
17:13
2023年初のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿
2023年以降の暗号資産(仮想通貨)反発の背景は?ビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧