デリバティブ・エクスチェンジ、新たに7つの仮想通貨取引ペアを発表|リップル(XRP)とエイダコイン(ADA)は円建て取引が可能に

エストニアに拠点を置くトークンプラットフォームのデリバティブ・エクスチェンジが本日7つの仮想通貨銘柄の取引ペアをツイッター上で発表した。

XRPやエイダコイン(カルダノ)を含む7銘柄の新たな取引ペアは以下の通りである。

  • リップル(XRP):BTC、ETH、EUR、JPY、USD
  • ライトコイン(LTC):BTC、ETH、USD
  • エニグマ(ENG):BTC、USD
  • オミセゴー(OMG):BTC、ETH、USD
  • エイダコイン(ADA):BTC、ETH、USD、JPY
  • シェアトークン(SHR):BTC、USD
  • デジバイト(DGB):BTC、ETH、EUR、USD

今回の新たなペア追加により、デリバティブ・エクスチェンジの取り扱い銘柄はこのようになった。

出典:Dx.exchange

またデリバティブ・エクスチェンジは本日からナスダックに上場している10銘柄をERC20トークン化する計画を発表している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧
参議院議員(日本維新の会)の藤巻健史議員は、自身の公式ツイッターアカウントでRipple社のネイティブトークン「XRP」を事例として取り挙げ、仮想通貨技術を賞賛した。未だ拡大の余地があるとした上で、日本政府の対応遅れを危惧した。
838億円相当の仮想通貨XRP(リップル)の送金報告も、送金手数料は約1円に|送金目的は?
大口送金をトラッキングするBOT「Whale Alert」が2,133,569,088XRPの送金が行われた事をツイッターで報告した。約838億円にも相当するXRPの送金にかかった費用は1セント以下であったことがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら