イーサリアム設立者ヴィタリック氏「チェーン分岐しない場合、アップグレードと呼ぶべき」|投資家不安を取り除く呼称を強調

ヴィタリック氏:チェーン分岐しない場合、アップグレードと呼ぶべき
イーサリアム設立者ヴィタリック氏は、ハードフォークとアップグレードの違いについて言及。投資家の不安を取り除く呼称にすべきであるとの見解を示した。

ヴィタリック氏:チェーン分岐しない場合は、ネットワーク・アップグレードと呼ぶべき

イーサリアム共同設立者のヴィタリック氏はツイッター上で、「イーサリアムコミュニティのIMOは、Zcashがこれまでアップグレードという言葉を利用していたように、コンスタンティノープルのようなチェーンが分岐しないものは、フォークではなく、ネットワーク・アップグレードと呼ぶべきだ」と述べた。

イーサリアムは、待望の大型アップグレード「コンスタンチノープル」を今月1月16日(水)前後に予定している。このアップデートには、イーサリアムがハードフォークを利用してシステムのアップグレードを行うため、通貨分裂するのではないか、また通貨価格が下落するのではないか、など投資家が不安になっていた事例を挙げている。

11月にビットコインキャッシュもアップデートを発表した結果、アップデート内容で意見の食い違いがおき、通貨の分裂が発生していた。

ブロックチェーンのアップグレードには、複数のやり方があるが、アップグレードを行なった新しいチェーンに分岐する方法が多く利用される。しかし、基本的にはそのアップグレード内容にコミュニティの意見の対立が発生しない限り、チェーンが分岐した状態で両立することはなく、通貨の分裂は発生しない。一時的にフォークするが、一つのチェーンに収束する形を指している。

よって、投資家の中で混合しやすいハードフォークを「通貨分裂(または新通貨誕生)」と「アップグレード」で明確に言葉で分け、後者は「システム・アップグレード」と呼ぶべきであるとヴィタリック氏は述べている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンス、1月中旬に予定される「イーサリアムハードフォーク」のサポートを表明
世界No.1の仮想通貨取引所Binanceは、1月中旬に控えるイーサリアムの分岐を伴わないハードフォーク「コンスタンティノープル」に対応予定であることを発表した。注意点をまとめている。
仮想通貨イーサリアム 「ProgPoW」の実装が仮決定|ASIC寡占の対策の重要性とは
1月4日のイーサリアムコア開発者の会合にて、イーサリアムの「ProgPoW」実装が仮決定した。それはASIC対策として機能するアルゴリズムであり、GPUマイニングの持続性と非中央集権性の維持という点で重要なものとなることが注目。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック