NY市「ブロックチェーン・センター」オープン|マイクロソフトやIBMとも提携

ニューヨーク市経済開発公社が「ブロックチェーンセンター」をオープン
ニューヨーク市経済開発公社は、起業家やイノベイターのビジネスサポートを目的とする「ブロックチェーン・センター」をオープンした。マイクロソフトやIBMといった大手企業とのパートナーシップも締結していることが明らかになった。

ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)が「ブロックチェーンセンター」をオープン

米ブルームバーグ誌の報道によると、ニューヨーク市の経済成長促進を目的とした機関である、ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)は、今月の10日に、「ブロックチェーンセンター」をオープンした。

起業家やイノベイターのビジネスサポートを目的とし、ブロックチェーンによるニューヨーク市の経済発展を目指しているという。

以下は、それに関連したNYCEDC公式アカウントのツイートである。

NYCEDCによると、ベンチャーキャピタルの「Future\Perfect Ventures」、ブロックチェーン企業団体「Global Blockchain Business Council」とのパートナーシップを締結しており、共同でセンターを運営する。

また、テック巨人のマイクロソフトとIBMも当センターのパートナーシップに入っていると、「Future\Perfect Ventures」の責任者Jalak Jobanputra氏によって明かされている。

既に、ニューヨーク市からは10万ドル(≒1085万円)の資金を調達しており、今後もパートナーシップ等を通し資金を集める予定としている。

NYCEDCの経営戦略責任者のAna Arino氏は、今回のセンター発足について、ブルームバーグの取材に対し「長期的な目線でみている」と述べており、また、以下のようにも発言している。

ブロックチェーンは黎明期にあるテクノロジーなので、今後どのような発展を遂げるのか正確な予想は出来ない。しかし、大きな可能性を秘めている以上、その機会を活かしていきたい。

また、NY市は今秋にもブロックチェーンのテストを行う可能性があるとも報じられている。

今後は、ニューヨーク市で様々な場面におけるブロックチェーンの活用がみられるかもしれない。

そこにおいて「ブロックチェーン・センター」はどのように機能していくのか、さらなる期待が集まっていくだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

金融の中心地ニューヨーク、米国初の「仮想通貨タスクフォース」を設立|仮想通貨業のビットライセンスに変化は
米NYで可決した「仮想通貨タスクフォース設立法案」に基づき、米国初となるデジタル通貨・ブロックチェーン専門の研究チームが結成された。取引所など仮想通貨関連業者などに拘る「ビットライセンス」への影響も考察。
米初の仮想通貨を定義する法案が国会へ提出|有価証券とは異なる動きへ
米時間木曜日、米国会下院議員Warren Davison氏とDarren Soto氏は『トークン分類法』という米国初仮想通貨を法的に定義する法案を正式に提出した。最大の特徴は、仮想通貨を有価証券から分離させること。この動きは、全体仮想通貨業界に極めて良い知らせと期待されている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用