政府はビットコインを廃止することができるのか

政府はビットコインなど仮想通貨を禁じることは可能であるが、完全に禁じることは難しい
先日発表された中国のビットコイン取引禁止で、多くの人がどのような影響があるのかを危惧しています。中国は取引及びICOを禁止しただけで、仮想通貨自体の使用の禁止はしていません。しかし、世界的に見ると、仮想通貨の使用も禁止している国々もあり、慎重に通貨を選ぶ必要があります。

9月30日から10月1日の週末で、中国基盤の仮想通貨取引所であるBTCCが中国の通貨”元”による国内取引を凍結しました。

中国規制当局は、9月5日に国内の全ての仮想通貨取引所に対し、閉鎖の通達、新規ユーザーの登録の禁止、そして9月15日までに”元”と仮想通貨との取引を廃止する趣旨を発表しました。

同じく中国基盤の取引所であるHuobiOKCoinの二つの取引所も同様の取引廃止の計画を発表しました。

しかし、ここで明らかにしたいのは、中国は仮想通貨の取引及び、ICOを廃止しただけであって、仮想通貨自体の使用を禁止した訳ではないということです。

それでも、多くの人は政府がビットコインのような仮想通貨自体も禁止してしまうのではないか、そして、それが仮想通貨全体に影響してしまうのではないかという考えが頭をよぎってしまったかもしれません。

実際、政府が仮想通貨自体を禁止するのは可能なのです。

ボリビアエクアドルカザフスタン、そしてバングラデシュは既に仮想通貨自体の使用を禁止しました。

ロシアは、2014年の10月に仮想通貨を廃止する原案を発案しており、近頃それが施行されるのではないかという噂も広まっていますが、最近はブロックチェーン技術やマイニング事業に積極に取り組んでいるため、この噂が現実になる可能性は低いと考えられます。

複数の政府がその国の代替となる通貨を望まない形でシフトしてしまわないように、様々な策を講じてきました。

カンボジアは、独自の通貨であるリエルを守るためドルの使用を禁止しました。

シリアは、2013年に自国以外の通貨の全てを使用禁止にしました。

そして、アメリカ政府は2000年代半ばにリバティ金貨及びE-ゴールドを廃止しました。

よって、それぞれの政府は仮想通貨の使用を禁止することが出来ると言えるでしょう。

しかし、問題は政府がそれを実際に禁止するか、または、どの程度の制限をかけるのか、そして、それは仮想通貨を使用する上で、人々にどのような影響を与えるのかということです。

一部のビットコイン支持者は、政府による完全なるビットコイン規制は現実的に不可能であると語りました。

Jon Matonis (以下、Matonis氏)は、

「政府によるビットコインの禁止は、1920年代に出されたアルコールを禁止するものと同様に無力なものとなるでしょう」

と言及しました。

政府はどのようにして、匿名で使うことのできるビットコインを禁じるのでしょうか。

Matonis氏は

「需要のある商品は[…]禁止だけで、使用者がいなくなるような単純なものではない」

と語りました。

初心者の方は、流通貨幣の需要はその他一般的な商品の需要とは異なるということを理解してください。

お金は、様々なネットワークの中心にあるものだからです。私は、バスタブにジンを浸すという誰もがしないようなことでも楽しむことができます。

しかし、ビットコインのような仮想通貨の利便性は、他の大多数の人々が使うことによって初めて成り立つのです。

よって、ビットコインに対しての考えは統一される必要があります。周りの人がビットコインを使うと信じられないのであれば、その人自身がビットコインを受け入れることもできないからです。

さらに、仮想通貨に、非金銭的な要素が欠けていれば、例え全員が代替案として魅力的だと感じても、需要はゼロにまでなってしまう可能性があります。

一般的に、政府は、考えの統一、取引政策の採用、代替通貨の使用による罰則から流通貨幣を決定します。

法定貨幣を宣言することで、例えば、政府は個人が特定の通貨に対しての顕著な期待値の焦点(例えば、仮想通貨と言った時に多くの人がビットコインを連想するとしたら、このビットコインのこと)を生み出すことができるのです。

法定通貨は、法の元に特権を持つものでもなく(状況によっては持つ場合もありますが)、実質はただの呼称を持つ通貨以外の何物でもないのです。

ただ単に、私はあなたが使っている通貨を使用したいだけであって、あなたも私が使っている通貨を使用したいだけなのです。

そして、それがドルを法定通貨にし、ビットコインが法定通貨として認められない、というだけのことなのです。

政府は、経済という枠組みの中で、非常に大きく強力であるが故に、この期待値の焦点を生み出す立場になることが多いのです。

もちろんビットコインにシフトすることでメリットを得ることの方が、この考えの統一にかかる費用よりも安易で安価なのであれば、これを優れた代替案として捉え、政府からではない新たな期待値の焦点(フォーカルポイント)の刷り込みが試されます。

この場合、政府は彼ら自身の通貨を推し、ビットコインが市場に拡大するのを防ぎ、受け入れられないように取引政策に訴えるかもしれません。

税金を集め、ビットコインではなくドルを使用することで、政府はドルの需要を保証し、同時にビットコインの牽制をします。

全ての政府が取引政策に基づいて、流通貨幣を決定できるわけではありませんが、比較的大きな政府の場合は、流通貨幣の決定が可能なのです。

もし政府が取引政策から流通貨幣の決定を行える規模でない場合でも、最終手段が残されています。それは処罰です。

禁止された代替通貨を使用しているところに処罰を下し、代替通貨の将来の価値を減少させることで、法定通貨の価値を保てるのです。

よって、取引政策に基づいて流通通貨を決定できる大規模な政府に対し、処罰を有効活用すれば、規模に関わらず処罰を割り当てられる力さえあれば、どんな政府でも流通通貨の決定ができるのです。

しかし、政府には仮想通貨ユーザーに処罰を与える際にハードルとなることがいくつかあります。

まず第一に、政府はそのユーザーを見つけなければなりません。

そして、Matonis氏や様々な人が言っているように、ビットコインのような仮想通貨は匿名で取引ができるので、個人とそのビットコイン口座を結びつけるのが困難なのです。しかし、困難ではありますが不可能ではありません。

もしある個人が、完全に匿名な取引システムを構築したとしても、様々な取引から個人を特定されてしまうのです。

例えば、あなたが何らかの商品やサービスを購入したとして、その取引のどこかで、あなたはその商品を受け取るなり、サービスを受け取るなりしなくてはなりません。

そして、その時にあなたの個人情報が特定されてしまうのです。

さらに、匿名の取引を行なったとしても、取引の相手方が政府のエージェントである可能性も少なからずあります。なぜなら、おとり捜査は実際に行われているからです。

さらに重要なことは、上記のハードルを見返してみると、幅広い取引を根絶させるのはたいして難しくないということです。

仮想通貨の送金、受け取りなどの使用も禁止され、処罰が与えられると「ビットコイン使用可能」という看板をみることもなり、ビットコインで取引を行う相手を探すのも困難になります。

ほとんどの人は、いかなる時も法律を破りたいとは思っていないでしょう。

日常生活で繰り返される取引で、わざわざ個人情報を隠し、取引相手を調べるなどの手間をかけたい人はほとんどいないと言っていいでしょう。

誰が好き好んで無駄な手間をかけてまで禁止された通貨で、牛乳やパンを買わなければならないのでしょう。

ほとんどの場面で、ほとんどの人にとってプライバシーはそれほど大切ではないのです。

政府は、全てのビットコインの取引を無くすのは非常に困難、というよりも不可能に近いでしょう。

しかし、やる気のある政府であれば、ビットコインを多くのユーザーにとって魅力のないものにし、潜在的なネットワークの規模を縮小させることはさほど困難ではないのです。

そのような市場では、ビットコインは、マイナーな通貨として粛々と機能するか、全く機能しないでしょう。

しかし、もちろん例外もあります。法定通貨が政府によってうまく運用されていなかったり(ハイパーインフレなど)、闇市場では標準的に禁止された通貨を使うことになるでしょう。

これは、現在のベネズエラに顕著に現れています。もし、たかが昼食を買うために違法な取引を必要とするのなら、ビットコインを使用することに対してリスクを考えずに済むでしょう。

そして、たかがランチで違法の支払いを起こしていると、それが常習化し、誰もが常時違法な支払い方法を取り続けます。

しかし、このようなケースは例外であり、ビットコイン支持者が存在し続け、政府がビットコインの使用を完全に禁止できなかった場合、政府は主張を制限することはありません。

幸運なことに、現時点で仮想通貨を禁止している国は極少数です。

しかし、脅威は確かにあります。政府が仮想通貨取引を完全に無くすことは不可能に近いですが、仮想通貨の取引を格段に減らすことは出来るのです。このことを念頭に置いて、私たちは慎重に通貨を選ばなければなりません。

そして、引き続き金融プライバシー及び分権通貨のメリットを公言していくと共に、仮想通貨のメリットを無くすことなく、仮想通貨の完全廃止の正当性を無くす、賢明な規制をサポートしていく必要があります。

これは、二番目に良い解決策であり、一番の解決策は世界に複数の有力な政府が存在することでしょう。

Can the government destroy Bitcoin?

Oct 5, 2017 by William J. Luther

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPostの考察

現時点で自国通貨以外を禁じている国はいくつかあります。

それらの国の中にはたとえビットコインなどの仮想通貨でも使用できない体制となっています。

ビットコインや仮想通貨が世界中で普及しはじめ、各国でその対応・規制を整えるようになってきました。

その理由の一つに、仮想通貨を利用した違法行為があります。アメリカ政府はその悪事を根絶するために専門組織を編成するなど取り締まりを始めています。

現時点では、先進国で仮想通貨自体を禁じている国はありません。この記事では仮想通貨を完全に禁じることは困難であるが、力を弱めることは可能であるとされています。

それぞれの自国通貨と仮想通貨がどのように共存していくのか、自国通貨が仮想通貨の利便性や普及により価値が薄まってしまうのか、政府の仮想通貨の判断が重要です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加