仮想通貨イーサリアムの大型アップグレード、延期日程を「2月27日」前後に設定

イーサリアムConstantinopleの延期実装日が決定
1月17日に予定されていたイーサリアムの大型アップデートにおける脆弱性が発覚したため、急遽延期となったが、日本時間19日、デベロッパーPéter Szilágyi氏は、2月27日付近にブロック#7,280,000をもち、実施すると新たに発表した。

イーサリアムConstantinopleの延期実装日が決定

先日、イーサリアム財団は1月17日に予定されていた大型アップデート【コンスタンティノープル】における脆弱性が発覚したため、急遽延期を公表したが、日本時間19日、イーサリアムのデベロッパーのPéter Szilágyi氏は、2月27日に、ブロックナンバー7,280,000をもち、実施すると明らかにいた。(ブロックの生成により、27日前後となる可能性がある)

この決定は、金曜日に行われた、創設者のVitalik Buterin氏なども参加したコアデベロッパーの電話会議で議論し合意したものである。

Szilágyi氏が発表したように、27日に実装する予定のアップグレードには二段階あり、まず前回問題があったEIP1283も含めて一通り5つのEIPを実施してから、二段階目でEIP1283を取り除くという。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行として話題を集めたイーサリアム2.0大型アップデートの第三段階として注目されていたコンスタンティノープルであるが、スマートコントラクトの調査団体であるChainSecurityから5つあるイーサリアム改善案(Ethereum Improvement Proposal, EIP)のうち一つがセキュリティ観点から弱点があると忠告されたのを受けて延期されていた。

コンスタンティノープルのアップデートで実装される事になっているEIPは5つあり、それぞれ機能を持っている。以下のようにリストアップ。

  • EIP 145: ビットワイズ・シフティングと呼ばれるイーサリアム上での情報プロセスの効率向上
  • EIP 1052:特定のアドレスハッシュを生成するラージ・スケールコードのオプティマイズ化
  • EIP 1283: ガス計量法の変更によりガスコスト削減
  • EIP1014:実際にアドレスが形成される前にアドレスを決めてやり取りを可能にする
  • EIP 1234:「ディフィカルティボム(マイニングの難易度を徐々に上げていくプログラム)」の延長、マイニング報酬の減少化

EIP 1234は特にPoWからPoSへ移行していくのに重要である。マイニングの難易度が上がるという事はそれだけ電力コストもかかりマイナーの収益率が低下してしまう。ブロックチェーン上で収益を得られるマイニングは当初から多くのマイナーを魅了したが、その分競争も激しくなり、また莫大な電力を費やす事で環境への懸念も多く指摘されていた。コンスタンティノープはその動きへの重要な一歩とされている。

しかし、ディフィカルティボムの難易度上昇が速すぎてもPoS導入前にバランスが崩れてしまう可能性が高いため、うまく調整しなければならない。まだ多くの課題を掲げているコンスタンティノープルであり、導入までにはしばらく時間がかかると見られている。

先日アップグレードの延期となった原因に関する詳しい内容はこちら

【速報】仮想通貨イーサリアムの大型アップデートが延期 リエントランシー攻撃への脆弱性発覚で
日本時間17日午後1時頃に予定されていたイーサリアムの大型アップデート、コンスタンティノープルにおけるリエントリー攻撃への脆弱性が監査機関ChainSecurity社の指摘で発覚した。これを受け、イーサリアム財団はアップデートの延期を発表、Geth・Parity最新版へのアップデートを促した。

イーサリアム、「ディフカルティボム」の影響で送金に遅延が出る可能性

仮想通貨メディアCryptoGlobe の考察によって、現在の流れで【ディフィカルティボム】がイーサリアムのマイニングの難易度を上昇させれば、イーサリアムのブロック生成時間に更なる遅延が発生し、送金速度の遅れなどdAppsエコシステムなどに悪影響を及ばす可能性がある。

ディフィカルティボムとは、イーサリアムのマイニングの難易度を計画的に上昇させ、ブロック生成時間を徐々に長くしていくことにより、PoWによるメリットがなくなり、最終的にPoSのコンセンサスへ移行するアルゴリズムである。

Ethhubの創設者Eric Connerは「ディフィカルティボムはすでに発動しており、遅いスピードでブロックタイムの増幅へ向かいつつある」と指摘している。

また、ブロックチェーン開発者Níckolas Goline氏によると、ブロック#7,100,002では、ブロック生成時間が30秒となる。現在のディフィカルティで向かっていけば、2日以内にこのブロックナンバーに到達する見込みである。そうなれば、トランザクションスピードが重要視される多くのdAppsのエコシステムに悪影響となり得るだろう。

medium.com/@nGoline

比較:現在(#7.010.000)のブロック生成時間は15.41秒。

しかし、以前EIP 649とEIP 1234を作成し、ブロック#4,370,000をもって、ディフィカルティボムを延期したイーサリアム・クライアントの開発者Afri Schoedon氏によると、2月27日前後に新たに予定されているイーサリアムの大型アップデート【コンスタンティノープル】でもディフィカルティボムの延期を行うため、心配はいらないそうだ。

だが、Níckolas氏の計算が正しければ、ブロック生成時間は2月27日までに60秒を越えてしまう。となれば、送金の遅延を含め様々な悪影響がdAppsのエコシステムにも及ぶだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム 「ProgPoW」の実装が仮決定|ASIC寡占の対策の重要性とは
1月4日のイーサリアムコア開発者の会合にて、イーサリアムの「ProgPoW」実装が仮決定した。それはASIC対策として機能するアルゴリズムであり、GPUマイニングの持続性と非中央集権性の維持という点で重要なものとなることが注目。
イーサリアム設立者ヴィタリック氏「チェーン分岐しない場合、アップグレードと呼ぶべき」|投資家不安を取り除く呼称を強調
イーサリアム設立者ヴィタリック氏は、ハードフォークとアップグレードの違いについて言及。投資家の不安を取り除く呼称にすべきであるとの見解を示した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら