速報:韓国4大仮想通貨取引所が、マネロン防止の取り組み強化を目的とした「共同イニシアチブ」を発表

韓国の4大仮想通貨取引所(Bithumb、Coinone、Korbit、Upbit)が、マネーロンダリング防止(AML)の取り組みを強化するための、共同イニシアチブを発表した。

AML問題に特化した「ホットライン」を構築し、ユーザー保護と不正検出を担当するため、4取引所のそれぞれのチームの間で確立される。

内容としては、以下の通りだ。

  • 銀行認証したアカウントを提供している上記4取引所がAMLの取り組みを発表
  • ホットラインを利用し、疑いのある仮想通貨取引に関する情報をリアルタイムで共有し、ユーザー保護を強化
  • 緊密な連携を継続することで、より安心かつ安全な取引環境を提供可能となる

現在、4取引所すべてが適切なユーザー保護と不正検出システムを採用しているため、今回の共同イニシアチブは多大な効果があると期待されている。

CoinPostの関連記事

韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム」親会社、米株式市場上場を目指す:上場企業と「逆さ合併」
逆さ合併は米国ではIPOに並ぶメジャーな財務戦略で、韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム」親会社は、仮想通貨取引業を営む初の上場企業を目指す。米NY証券取引所やNASDAQ上場への布石になるか注目される。
速報:海外の仮想通貨取引所Liquiが「閉鎖」を発表|草コインへの影響は?
仮想通貨取引所Liquiが、サービスの停止、取引所自体の運営を中止することを公式サイトで発表した。「草コイン取引所」として、アルトコイン全盛期を支えた取引所で、多くのアルトコインが上場している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者5,000名を突破しました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら