韓国最大級のカード会社「新韓カード」|OmiseGoのプラズマチャイルドチェーンを利用した取引を実施

韓国最大級のカード会社「新韓カード」|サイドチェーン利用
韓国大手銀行グループ系列の韓国最大手カード会社「新韓カード」は概念実証を実施し、OmiseGOをバリデータとして利用した取引を初めて行なった。
OmiseGOとは
タイを中心に東南アジアで展開されている、オンライン決済システム「Omise」のトークン。ETHのブロックチェーンを利用した「ERC20トークン」であり、モバイル端末同士で送金・決済可能なウォレットアプリケーションで使用可能。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

新韓カード「ブロックチェーンを利用」

韓国大手銀行グループ系列の韓国最大手カード会社「新韓カード」は概念実証を実施し、OmiseGOをバリデータ(取引を承認する機能)として利用した取引を初めて行なった。

OmiseGOはYouTubeにて、デモ動画を公開している。

同社は、少額取引をプラズマチャイルドチェーン(サイドチェーン)によって処理し、OmiseGoのネットワークを利用して、その取引記録を承認した。

10ヶ月前に、新韓カードとOmiseGOはMoU(了解覚書)を結んでおり、同社はブロックチェーンをフィンテックに取り込む方法を模索していた。

今回、新韓カードは概念実証を実施したが、今後も国際間の相互運用性の向上やポイントサービスを拡大させるため、OmiseGOの利用を本格的に模索し続けるとのことだ。

現在、新韓カードはポイント制システム「新韓Pay FAN」を運用しており、韓国ではかなり利用されている。

今回の概念実証では、そのポイント制システムをイーサリアムのスマートコントラクトを用いたプラズマチャイルドチェーンに複製した形となっており、同システムのさらなるサービス向上を目的としている。

仮に、このシステムへのOmiseGO導入が本格的に採用されれば、サービス利用者が、電子アセットの交換を行えるようになる可能性も秘めており、期待されるプロジェクトの一つとなっている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

米ワシントン州、ブロックチェーンを法的証拠として認める法案を提出
米国ワシントン州の上院は25日、ブロックチェーン上で生成された「署名」と「ライセンス」を法的に認可する法案を議会へ提出した。また、同法案はブロックチェーン及びDLTの法的定義も明文化する。
オミセゴー(OmiseGo/OMG) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
オミセゴー(OmiseGo/OMG)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、オミセゴー(OmiseGo/OMG)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら