金融庁の認可を受けた仮想通貨自主規制団体「JVCEA」、マネーフォワードなど5社の加入を発表

日本の仮想通貨自主規制団体、仮想通貨事業展開を望む5社を会員に
日本仮想通貨交換業協会が仮想通貨交換業社登録の申請中、または申請を予定している5社の入会を発表した。第二種会員として会員になった企業の中には、家計簿アプリで有名なマネーフォワードも含まれている。

日本仮想通貨交換業協会、新たに5社が第二種会員として入会

昨年10月に金融庁から正式に認可を受けた自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は1日、マネーフォワードフィナンシャル、オーケーコインジャパン等を含む以下の5社が新たに会員として加わったことを発表した。

  • マネーフォワードフィナンシャル株式会社
  • オーケーコイン・ジャパン株式会社
  • 株式会社マーキュリー
  • FXcoin株式会社
  • 株式会社ディーカレット

第二種会員は、「仮想通貨交換業者登録の申請中の事業者、又は申請を予定する事業者」を指しており、いわば日本市場で今後開設予定の仮想通貨取引所と言い換えることもできる。上記5社が加わった事で、JVCEAの第二種会員は2月1日現在、計9社となった。

先月4日には、「みんなのビットコイン株式会社」や「コイネージ株式会社」など5社が会員としての入会が発表されていた。

なお、コインチェック株式会社は1月4日に第二種会員として入会が発表されていたが、仮想通貨取引所コインチェックが金融庁から仮想通貨交換業社としての登録が再び認められたことで、1週間後の11日には第一種会員に変更されている。

金融庁から仮想通貨交換業社として認可されている企業は「第一種会員」とされており、現在以下の17社が加盟している。

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • 株式会社bitFlyer
  • QUOINE株式会社
  • ビットバンク株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社ビットアルゴ取引所東京
  • Bitgate株式会社
  • 株式会社BitOcean
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社
  • 株式会社Xtheta
  • コインチェック株式会社

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は昨年10月24日に金融庁から資金決済法に基づいた仮想通貨交換業に関わる認定資金決済事業者協会と自主規制団体として認可を受けていた。

会長で株式会社マネーパートナーズ代表取締役の奥山泰全氏は、自主規制団体として「利用者保護」と「業界の健全な発展」を最優先する方針を示している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

金融庁が検討していると報じられた「仮想通貨ETF」について、自主規制団体の奥山会長がコインポストの取材に回答
金融庁が検討していると報じられた「仮想通貨ETF」について、自主規制団体の奥山泰全会長にコインポストが取材し、回答をいただいた。 奥山会長は「(事実かどうかは不明だが)当局においては、米国の金融当局の情報も拾っているだろうから検討されている可能性は考えられる。」と言及している。
日本仮想通貨交換業協会 記者会見内容まとめ|『仮想通貨の本質はマネーゲームではない』奥山泰全会長
日本仮想通貨交換業協会が自主規制団体として認定、記者会見内容まとめ ...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら