Twitter社CEO、仮想通貨の保有資産は「ビットコインだけ」 ライトニング知名度向上運動に参加しBTCの有用性を強調

ツイッターCEO、ビットコインのみ保有
世界の仮想通貨業界で話題になっているビットコイン・ライトニング・トーチ運動に、Twitter社CEOのJack Dorsey氏が参加した。また、仮想通貨の保有資産を再度明らかにしたDorsey氏は、ビットコインのみに投資している点を強調している。

ツイッターCEO、ビットコインのみ保有

世界の仮想通貨業界で話題になっている『ビットコイン・ライトニング・トーチ』とよばれるライトニングネットワークの知名度向上を目的とした運動に、TwitterのCEO Jack Dorsey氏が参加したことが明らかになった。

ライトニングネットワークとはとは

ビットコインのスケーラビリティ問題解決のため、取引承認をブロック以外でも可能にする、パブリックブロックチェーンの2nd Layerに当たる技術。直接繋がりのない2者間でのマイクロペイメント(1円以下の小額送金・少額決済)を実現することができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

同氏は、この運動に参加した上で、1万satoshiを寄付し、次の指名者にライトニングネットワーク・ラボのCEOへトーチを渡したという(ラリーのようにこの運動が続く)。現在(6日時点)でのトーチは、約2,860,000satoshiになり、すでに世界中から150人が参加している。

また、これらの活動を、「ツイッター上のビットコインライトニングネットワークに関する活動として有益な一例だ。」と絶賛した。

保有通貨はビットコインのみ

また、Dorsey氏は、ツイッター上でユーザーの質問に応じて、現在保有している通貨は、「ビットコインのみ」である点を明かした。

同氏は、以前よりビットコインの将来性を強く信じる人物の一人で、先日行われたポッドキャスト内でも、「ビットコインはインターネットのネイティブ通貨になると確信している」と、再度自身の強気な姿勢を明らかにしている。

ビットコインは強靭であり、プログラムのルールによって規定されている。

ビットコインは、理想なインターネットの通貨であり、ブランド力も非常に強い。

と、本日も自身の見解を強調している。

なお、ビットコイン保有に関する発言が行われたことで、他の仮想通貨保有に関する質問が相次いだが、多くの質問に「No」と回答、他のアルトコインを所有していないことを強調した。あくまでもビットコインの将来性を信じている一貫性を示した形だ。

Dorsey氏は、米Square社も経営しており、開発された人気決済アプリCashは、ビットコインによる決済を提供している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も
米グーグルが、ブロックチェーン技術の大量採用時代を見据え、異なる視点から独自の開発を進めている状況が、同社上級開発者のAllen Day氏の発言で明らかになった。ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンデータ解析ツールの応用事例も。
Twitter CEO:10年以内にビットコインは世界共通通貨になる
Twitter が、FacebookやGoogleに続き、仮想通貨関連の広告を廃止するのではないかと噂されている中、Twitter のCEOである Dorsey氏はThe Timesに対しビットコインが将来の共通通貨になると予想していることを明らかにしました。これは、ツイッターが仮想通貨の広告を禁止すると噂される最中の出来事で、複数の意味で注目されています。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら