藤巻議員、7日の参議院予算委員会で安倍総理に「仮想通貨(ブロックチェーン)」の見解を尋ねる予定

藤巻議員、7日の予算委員会で仮想通貨関連の質疑予定
藤巻健史議員は7日の予算委員会にて、「ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン業界」に関して、安倍総理に見解を尋ねる予定だ。「インターネットの次の革命といわれるブロックチェーンと仮想通貨こそ世界と戦える分野」などと主張する。

藤巻議員、7日の予算委員会で仮想通貨関連の質疑予定

仮想通貨業界を含む金融知識に精通する国会議員の藤巻健史氏が、参議院「予算委員会」で、質問に立つ予定であることを告知した。

「予算委員会」とは、国会における予算審議と議決を行なうための常任委員会であり、衆参両院に置かれている。予算にかかわるすべての分野が審議の対象になり、広範な議論が行なわれるため、中継が入るなど注目度が高い。

藤巻健史議員は、自民党の安倍総理に対し、ブロックチェーン・仮想通貨に関して、以下の質問内容を伺う予定だ。

質問1

小林経済同友会代表幹事は「なにか独創的な技術や産業を生み出すことが目的だったのに、顕著な結果が出ていない。ここに本質的な問題がある」とおっしゃっている。インターネットの次の革命といわれるブロックチェーンと仮想通貨こそ世界と戦える分野だと思うがいかがか?

質問2

20億人の人が銀行口座をもっておらず、世界の経済圏から疎外されている。仮想通貨が浸透すると、彼らが世界の経済圏の中に入ってくる。この流れに乗ろうと思わないか?

ブロックチェーンの将来性に言及する安倍総理

なお、2018年11月26日に開催された「参議院・予算委員会」では、藤巻議員の質問を受けて、安倍総理はブロックチェーン技術について、「仮想通貨のほか、金融に限らず様々な分野において利活用の可能性がある。」と述べ、企業の生産性向上や、様々なサービスの利便性・安全性向上に繋がると答弁を行なっている。

安倍総理が国会で「ブロックチェーンの将来性」に言及、藤巻議員が仮想通貨の税制について質問
11月26日の参議院・予算委員会にて、安倍総理はブロックチェーン技術について、「仮想通貨のほか、金融に限らず様々な分野において利活用の可能性がある。」と述べ、企業の生産性向上や、様々なサービスの利便性・安全性向上に繋がるとした。

今回の質疑に対し、どのような回答があるのか注目される。予算委員会での審議内容は、NHKなどで放映されるという。

参議院インターネット審議中継

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

『国会議員から見た、仮想通貨を持つべき理由と将来性』藤巻健史議員インタビュー(後編)
仮想通貨の税制改正など、国会の場で問題提起されている参議院議員の藤巻健史先生に、CoinPostで独占インタビューを実施。後編では、金融市場と仮想通貨業界の将来性など見解を伺った。
仮想通貨業界に関する議員連盟が相次いで発足、「規制と育成」の狭間で揺れる日本のビットコイン市場
国政の中心地「永田町」で仮想通貨への関心が改めて広がり始めている。議員連盟の他にも、税率20%の分離課税を目指す「仮想通貨税制を変える会」の発足もあり、関連法案提出に向けた直近の動きをまとめた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック