仮想通貨関連企業Factom、米国防総省を含む連邦政府へ向けたブロックチェーンサービス提供を発表

Factom、米国防総省へサービスを提供
データのセキュリティ性に特化したブロックチェーンプロジェクトFactomは、日本時間6日、連邦政府のコントラクター企業SPAと提携し、米国防総省を含む連邦政府の省庁に向けてブロックチェーンの利用サービスを提供すると公式で発表した。

Factom、米国防総省へサービスを提供

データのセキュリティ性に特化したブロックチェーンプロジェクトFactom(仮想通貨FCT)は日本時間6日、SPAという企業と提携し、米国防総省を含む連邦政府の省庁によるブロックチェーンの利用へのアクセスを拡大することとなったことを公式で発表した。

Factomとは、ブロックチェーンが可能とするデータの統合性と精度に伴った企業ソリューションに特化し、ブロックチェーンベースのデータツールを提供するブロックチェーン企業であり、SPAとは、Systems Planning and Analysis という、国防総省の事業を支援する企業で、Factom,Inc.との提携について、SPAの責任者の1人であるMatt Ives氏はこのようにコメントを述べている。

Factom社はブロックチェーンのサービスを提供する主要企業で、国防総省や国土安全省などと連携することにより、国防産業に特化し成長することが見込める。

さらに、同発表によると、国防総省等と緊密なビジネス関係を持つSPAにFactomが加わることにより、ブロックチェーンを実利用として導入し、主要連邦機関の事業の効率性と安全性を改善することが見込まれている。

米政府機関からのブロックチェーンの利用に関する関心

昨年の12月に、米国土安全省は、商業および政府による仮想通貨のメリットを認めつつも、Zcashやモネロが犯罪行為に利用された場合、どのように犯罪の捜査や分析に活用できるかに興味を示しており、中小企業ビジネス意見への募集を行なっていた。

また、米国証券取引委員会(SEC)は1月31日、仮想通貨市場に対するリスク監視やコンプライアンスの執行活動などの支援を得る目的として、ブロックチェーンのデータを提供できるベンダー(企業)を公募していることを公式の告知で開示している。

SECの動きは、SECのコンプライアンス検査局(OCIE)が1月に、仮想通貨を「2019年の監視活動の6大優先事項」の中の重要な一環として公表したことを元に、調査対象の重点を「仮想通貨の有価証券化」や所有権などに置かれていることが推測されている。

実際、連邦政府がどのようにブロックチェーンを取り組むかは未だ定かではないが、経済主要国の米国がこの業界との関わりは注目されているといえるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2019年仮想通貨業界における重要視される法的問題とは何か|ブロックチェーン弁護士が考察
豪証券投資委員会所属の弁護士で、2019年にはNYでブロックチェーン業界関連の弁護士として活動予定のJenny Leung氏が「2019年仮想通貨・ブロックチェーン業界を定義づける法的問題」の考察文を発表し、特に米SECの規制動向やETF・EU一般データ保護規則等が注目。
米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も
米グーグルが、ブロックチェーン技術の大量採用時代を見据え、異なる視点から独自の開発を進めている状況が、同社上級開発者のAllen Day氏の発言で明らかになった。ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンデータ解析ツールの応用事例も。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック